VAIO Type H(2006・夏)

VAIO, データベース コメントはまだありません

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
VGC-H73DS 詳細スペック \199,800~(最小構成価格・モニタなし) CPU Pentium D 920(2.80G) ドライブ DVDスーパーマルチ[±R2層対応] メモリ 1GB/1GB(DDR2-533) GPU 945G Exp...

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
VGC-H73DS 詳細スペック \199,800~(最小構成価格・モニタなし) CPU Pentium D 920(2.80G) ドライブ DVDスーパーマルチ[±R2層対応] メモリ 1GB/1GB(DDR2-533) GPU 945G Exp...

VGC-H73DS詳細スペック\199,800~(最小構成価格・モニタなし)
CPUPentium D 920(2.80G)ドライブDVDスーパーマルチ[±R2層対応]
メモリ1GB/1GB(DDR2-533)GPU945G Express内蔵/最大128MB
HDD400GB(S-ATA)TVアナログ&地上/BS/CSデジタル
画面なし/17型/20型ワイドなどOSXP home
office○/×
備考無償3年保証サービス付。有償の盗難・火災・水害保証などもある。
VGC-H33S詳細スペック\99,800~(最小構成価格・モニタなし)
CPUCeleron D 355(3.33G)ドライブDVDスーパーマルチ[±R2層対応]
メモリ256MB/1GB(DDR2-400)GPU945G Express内蔵/最大128MB
HDD160GB(S-ATA)TVアナログチューナー
画面なし/17型/20型ワイドなどOSXP home
office○/×
備考無償3年保証サービス付。有償の盗難・火災・水害保証などもある。
VGC-H73DB2R詳細スペック価格.com\329,800(実勢価格)
CPUPentium D 920(2.80G)ドライブDVDスーパーマルチ[±R2層対応]
メモリ1GB/1GB(DDR2-533)GPU945G Express内蔵/最大128MB
HDD400GB(S-ATA)TVアナログ&地上/BS/CSデジタル
画面光沢20型ワイド/WSXGA+OSXP home
office
VGC-H73B7詳細スペック価格.com\229,800(実勢価格)
CPUPentium D 920(2.80G)ドライブDVDスーパーマルチ[±R2層対応]
メモリ512MB/1GB(DDR2-533)GPU945G Express内蔵/最大128MB
HDD300GB(S-ATA)TVアナログWチューナー
画面光沢17型/SXGAOSXP home
office
VGC-H53B7詳細スペック価格.com\199,800(実勢価格)
CPUCeleron D 355(3.33G)ドライブDVDスーパーマルチ[±R2層対応]
メモリ512MB/1GB(DDR2-533)GPU945G Express内蔵/最大128MB
HDD300GB(S-ATA)TVアナログWチューナー
画面光沢17型/SXGAOSXP home
office
VGC-H33B7詳細スペック価格.com\184,800(実勢価格)
CPUCeleron D 355(3.33G)ドライブDVDスーパーマルチ[±R2層対応]
メモリ512MB/1GB(DDR2-533)GPU945G Express内蔵/最大128MB
HDD250GB(S-ATA)TVアナログチューナー
画面光沢17型/SXGAOSXP home
office
VGC-H23L7詳細スペック価格.com\154,800(実勢価格)
CPUCeleron D 355(3.33G)ドライブDVDスーパーマルチ[±R2層対応]
メモリ512MB/1GB(DDR2-533)GPU945G Express内蔵/最大128MB
HDD160GB(S-ATA)TVアナログチューナー
画面光沢17型/SXGAOSXP home
office×

全機種TVチューナー標準搭載、ホワイトカラーのスリムタワー型スタンダードデスクトップシリーズ。

最廉価機種・H22シリーズ1機種が加わり、店頭モデルは5機種に拡張。基本的なスペック面での違いはほとんどなく、 H5*/3*シリーズのチップセットの変更・H7*シリーズはCPUのバージョンアップなど、細かい変更のみ。 下位機種のメモリは256MB×2の構成から512MB×1に変わっており、増設はしやすくなっている。

最廉価機種として登場のH23L7だが、Office Personal非搭載機種となるので注意。TVチューナーは内蔵され、少なめながらもシリアルATA対応のHDDを搭載する。

今までVAIOのデジタルチューナー内蔵機種ではデジタル放送のムーブ・ダビングなどが不可能だったが、今回の最上位機種・H73DB2Rに関しては、 後ほど提供される予定のアップデートプログラムを使ってのムーブは可能になる予定。なので、購入時の状態では不可能なので注意。



関連

管理人のアンテナlive!

コメントを入力

CAPTCHA