Windows XP Professional の 10 の利点

Microsoft, データベース コメントはまだありません

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
1.接続したその時から共同作業開始 Windows XP の Microsoft® Windows® Messenger は、複数人でリアルタイムに会話をしながら作業を進めるための実に多彩で便利な機能を提供します。Windows Messenger で接続している人とオンライン、リアルタイムで会話...

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
1.接続したその時から共同作業開始 Windows XP の Microsoft® Windows® Messenger は、複数人でリアルタイムに会話をしながら作業を進めるための実に多彩で便利な機能を提供します。Windows Messenger で接続している人とオンライン、リアルタイムで会話...

1.接続したその時から共同作業開始

Windows XPMicrosoft® Windows® Messenger は、複数人でリアルタイムに会話をしながら作業を進めるための実に多彩で便利な機能を提供します。Windows Messenger で接続している人とオンライン、リアルタイムで会話できます。コンピュータのスピーカをオーディオ会議に使えます。コンピュータにカメラを接続してビデオ会議を行えます。ファイル転送とアプリケーション共有機能を使ってオンラインで共同作業ができます。リモート アシスタンス機能を使えば、仲間とどれだけ離れた所にいても、共同作業を行えます。

2.どこにいても (机の前に座っているかのように) 作業可能

リモート デスクトップを使用すれば、Windows 95 以降の Windows で、インターネットにつながるコンピュータなら、どのコンピュータでも、Windows XP の PC ファイルにアクセスできます。パスワードを入力すると、この新機能が仮想セッションを作成しますので、デスクトップ コンピュータに格納されているすべてのファイルへ、実質的にあらゆるネットワーク接続からアクセスできるようになります。

3.向上した性能でネットワークに安全にアクセス

Windows XP のネットワーキング サポートでは、ワイヤレス接続の性能を向上するとともに安全なアクセスを提供します。Windows XP では、ワイヤレス接続のアクセス ポイントを識別し、自動的にダイヤルイン メニューを表示しますので、資格情報を入力するだけでよく、コンピュータの再構成もセットアップの変更も必要ありません。急速に増加しているワイヤレス接続サービスを提供する企業や施設 (空港、コーヒーショップ、図書館等) を活用すれば、サーバーから切り離されたとしても、共有ネットワークにあるファイルやフォルダにアクセスできます。

4.自分のコンピュータ上で専門家が診断

リモート アシスタンスを使って、パソコンに詳しい友人やシステム管理者にコンピュータの制御をわたせば、机の所まで来てもらわなくても技術的問題点を解決してくれます。相手の人に許可を与えると、ネットワークの向こう側からコンピュータを操作して問題を解決し、その解決プロセスを見せてくれますので、そのようすを見ながら学ぶことができます。

5.導入の速さと管理の容易さの改善

Windows XP では、新たに 300 以上のポリシーを用意していますので、オペレーティング システムを個々の環境に合わせる形でカスタマイズできます。IntelliMirror® のテクノロジを使用すると、ポリシー ベースの進んだデスクトップ管理を利用でき、大量の PC をまとめて管理しますので、バージョン コントロールを行うアプリケーションの導入、ファイルとフォルダのバージョンの同期などを自動的に処理できます。

6.ローカル作業と同じ手軽さでグローバル作業

Windows XPMicrosoft Office XP を使用すれば、同一バージョンのオペレーティング システムながらも多数の言語でドキュメントを作成、読み出し、および編集することができますので、IT 管理者はもはや複数のローカライズ バージョンの Windows を導入する必要はなくなります。MUI (Multilingual User Interface) を使用すれば、ダイアログ ボックス、メニュー、ヘルプ ファイル、辞書、校正ツール等をユーザーごとに変更できます。また、バイナリ ファイルを 1 つに統合する SWB (Single Worldwide Binary) を採用したことで、Windows XP のどの言語バージョンでも、任意の言語の Win32® アプリケーションを動作させることができます。

7.Web の生産性が向上

Internet Explorer 6 と Windows XP を使えば、多数の新機能や強化機能を活用できますので、作業の単純化、信頼性の向上、およびインターネットの個人情報とビジネス情報のプライバシを守ることができます。たとえば、ICF (Internet Connection Firewall) を有効にすれば、PC がインターネットにつながっている場合には、PC を不正なアクセスから自動的に遮蔽します。

8.クリティカル データには最高レベルの保護

暗号化ファイル システム機能により、ランダムな生成キーでファイルやフォルダ全体の内容を暗号化し、ハッカーやデータ盗用者から最高レベルの保護が得られます。アクセスはシームレスに行われます。ログオンを行えば、コード化ファイルのままで読み出しと作業を行えます。しかし、他の人がこのシステムにアクセスしても、保護されたドキュメントの内容を読むことはできません。アクセス制御を利用しても、選択したファイル、アプリケーション、およびその他のリソースへのアクセスを制限できます。

9.あるシステムから別のシステムへのユーザー移行を自動化

Windows XP は大規模な導入には最高のプラットフォームです。Windows XP Professional のファイルと設定の転送ウィザードでは、データ、アプリケーション、およびオペレーティング システムの設定を古いコンピュータから新しいコンピュータに移行します。この際にレジストリに加えられた変更までも含めて設定のカスタマイズを行うことができます。アプリケーションの互換性により、レガシー アプリケーションは Windows XP でも動作します。

10.日常の作業生産性が向上

Windows XP の新しいタスク ベース設計により、日常作業の遂行に必要なステップ数は減少し、慣れ親しんだ柔軟なツールもこれまで以上に扱いやすくなります。いつでも使えて、利用ファイルの種類に応じた操作を行える形式に自動的に変化するタスク メニューを使えば、システムとプログラムのナビゲーションが容易になります。デスクトップ クリーンアップ ウィザードのようなツールにより、すべてがすっきりと整理された状態に保たれますので、本当に大事なことに集中できるようになります。

Windows XP Professional オペレーティング システム ソリューション

解決すべき問題点対応する Windows XP の利点
セキュリティ
  • 暗号化ファイル システム
  • ウィルス保護の強化
  • パーソナル ファイアウォール
  • ローカル マシンへのアクセス時にユーザーのログインの必須化
モバイル性
  • いつでもどこからでもアクセス可能なようにプロファイルをローミング
  • リモート デスクトップ
  • Windows Messenger
  • 複数箇所でワイヤレス ネットワーキングを行える最小構成
大規模導入 (導入オプション)
  • 構成、システム、およびアプリケーションを複製するためのファイルと設定の転送ウィザードとシステム準備ツール
  • 従来の Windows バージョン (95、98、ME、Windows NT® と 2000) とのアプリケーション互換性
海外業務
  • 多言語ユーザー インターフェイスを使用すれば、ローカライズ バージョンを複数導入する必要は無くなります。
技術サポート
  • リモート アシスタンス
  • システムの復元
  • デバイス ドライバ ロールバックとバックアップ
信頼性
  • エラー報告機能
  • 容易な回復性と再起動
  • Windows 95、98、および ME プラットフォームよりも優秀で安全性の高いアーキテクチャ


関連

管理人のアンテナlive!

コメントを入力

CAPTCHA