ニュース : タブレット向けディスプレイの出荷、9.7型が激減 – 米社の13年1月世界調査

Webクリップ コメントはまだありません

この部分が表示されていますか?

coronではリーダービュー、読み取りビューを使用して読むことに関しての保証はしておりません。お手数ですが、リーダービューを解除してご覧ください。

米NPDグループのディスプレイサーチが現地時間2013年2月28日に公表したタブレット向けディスプレイパネルの調査によると、1月の世界出荷枚数は、9.7インチ型が130万枚となり、2012年12月の740万枚から急減した。

2012年12月と2013年1月のサイズ別ディスプレイパネル出荷数(横軸の単位:百万台)
画像の拡大

2012年12月と2013年1月のサイズ別ディスプレイパネル出荷数(横軸の単位:百万台)

 これに対し、7型と7.9型の合計枚数は前月の1200万枚から1400万枚へと増加。タブレット市場で最大のシェアを持つ米アップルが「iPad mini」を投入した影響が出ており、ディスプレイサーチでは、1月の調査結果は2013年の市場傾向を示す可能性があるとしている。

 ディスプレイサーチがこれまで把握していた、2013年におけるアップルのタブレット販売計画は、iPad mini(7.9型)が4000万台、iPad(9.7型)が6000万台。しかし現時点ではiPad miniの人気が高まっていることから、ディスプレイサーチは、iPad miniが5500万台、iPadが3300万台になると予測する。このほか韓国サムスン電子、米アマゾン・ドット・コム、米グーグル、台湾エイスーステック・コンピューター、台湾エイサーなどが7~9型に注目しており、タブレット市場の主役は小型モデルになりそうだとしている。

 同社が予測する2013年のタブレット向けパネルの出荷枚数は2億5400万枚で、前年の1億6000万枚から約59%増加する見通し。このうち5~8.9型が1億3600万台となり、9~10型(1億1800万枚)を上回るという。

 今後の傾向として、5~6型のスマートフォンの台頭で7型タブレットの販売が鈍化する可能性があるという。一方で現在は低価格モデルが主流の7~9型は、画面解像度の向上や製品デザインの改良が図られ、ハイエンド機が登場してくるとディスプレイサーチは予測している。


管理人takimuraのTwitterでは幅広い情報を提供しています。お気軽にフォローをどうぞ

関連

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください