macOSでIntel Hyper-Threading Technology (HTテクノロジ)を無効にする方法

Home » tips » macOSでIntel Hyper-Threading Technology (HTテクノロジ)を無効にする方法
macOS コメントはまだありません

macOSでIntel Hyper-Threading Technologyを無効にする方法

最終更新 : 2017/07/08

以下のmacOSバージョンではこの方法でIntel Hyper-Threading Technologyを無効にすることができます。

  • ・OS X Mountain Lion(10.8)
  • ・OS X Mavericks (10.9)
  • ・OS X Yosemite (10.10)
  • ・OS X El Capitan (10.11)
  • ・macOS Sierra (10.12)

手順


まずはXcodeをAppStoreからインストールします。


インストールが完了したら、Finderでアプリケーションフォルダを開き、Xcodeアプリの項目を選択してコンテキストメニューを開き、「パッケージの内容を表示」をクリック


Contents -> Applications とフォルダを選択して進み、表示されたアプリの一覧から、Instrumentsアプリの項目をクリックして開きます。


※このような画面が表示されますが、今回は設定画面のみを使用するため使用しません。


左上アップルマークのアイコンの横にある「Instrumnets」をクリックして、「Preferences」をクリックして開きます。


次に、Perferencesウィンドウの上部にある「CPUs」をクリックして選択し、下に表示されている「Hardware Multi-Threading」の左にあるチェックを外します。


チェックが外れ、コア数がCPUの物理コア数と同じ表示になれば、設定が完了します。Instrumentsアプリを終了して下さい。

確認方法


Launchpadまたはアプリケーションからアクティビティモニタを開き、上部メニューバーのウィンドウから「CPUの履歴」を開きます。


CPUの履歴ウィンドウで、上から偶数のグラフがまったく動作していない状態になれば、Intel Hyper-Threading Technologyが無効になった状態です。

注意点

再起動またはスリープを行うと、HTテクノロジが有効になった状態に戻ります。そのため、Mountain Lion以降のOS X/macOSでは、常にHTテクノロジを無効にすることは出来なくなっています。Skylake,Kaby Lakeにて発生したマイクロコードの問題については、製造元のアップルからAppStoreを経由してEFIファームウェアのアップデートが提供されることにより、マイクロコードの問題を解決することができます。

Mac OS X Lion以前の場合は以下の方法でIntel Hyper-Threading Technologyを有効・無効に切り替えることができます。(※要再起動)

Intel Hyper-Threading Technologyを無効にする
sudo nvram SMT=0
Intel Hyper-Threading Technologyを有効にする [初期値]
sudo nvram -d SMT

関連

コメントを残す