リボ払いとは その正体と正しい使い方について

Tips, 知恵ノート コメントはまだありません

クレジットカードの支払い方法で、リボ払いってありますよね。 聞いたことのある単語なのに、その正体を知らない人が多いかと思います。

さて、リボ払いとはなんでしょう?それを解説いたします。ただし、カード会社によって詳細が異なるので、ここでは基本的な解説に止めます。

■ただの分割払いとは違う!

 リボ払いの正式名称はリボルビング払いです。(以下リボ払い)

リボ払いはただの分割払いとは違います。リボ払いはまず初めに毎月の支払額を設定します。そして、その設定額を超過した分の支払いを、その後の月に繰り越すのです。

■例えば・・・

支払額を50000円と設定したとしましょう。その月のカードでの支払額が45000円だった場合には、何事もなくそのまま45000円を支払うことになります。

翌月の支払額が55000円だったとします。すると、初めに設定した50000円よりも 5000円超過しています。その超過分の5000円を、その次の月の支払いに分に繰り越すわけです。ですので、この月の支払いは設定上限の50000円です。

さて、さらに次の月の支払額が30000円だったとします。そうすると、先月からの繰り越し額5000円がプラスされ、35000円を支払うことになります。さてさて、最初の設定額の50000円以内に収まっているので、今回は一切の繰り越しはありませんね。

このように、最初に設定した金額からの超過分を繰り越して払って行くのがリボ払いなのです。

■リボ払いのメリットは?

リボ払いのメリットは、月々の支払い額を一定額にできることですつまり、毎月の支払い額が一定化され、収支の管理がし易く、さらに長期的人生設計もし易くなるわけです。これは便利ですね。

■リボ払いのデメリットは?

何事にもデメリットはあります。リボ払いのデメリットは、設定額を大きく超過する、もしくは頻繁に超過する場合、いつまで経っても繰り越しが続いてしまう、ということです。また、繰り越し金額には手数料などが発生する場合も多いので、それらを余計に支払い続ける可能性もあります。設定額をいくらにするか、それが肝心です。

■最後に・・・


さて、最後に念を押しますが、上記の説明はリボ払いの最も基本的なシステムです。各カード会社ごとにシステムが違うでしょうから、もしリボ払いを利用する場合には、各カード会社に詳細を確認してください。正しい利用法を知ることが重要です。  

クレジットカードでの買い物は、言うなれば借金です。リボ払いを利用してもしなくても、堅実な支払いプランによるカード利用が求められます。カードでの買い物のし過ぎにはご注意ください!

関連

コメントを残す