Windows 10にUbuntuをインストールする方法

Linux, Tips, Windows コメントはまだありません

Windows Subsystem for Linux (Beta)のインストール

まず、スタートメニューを開き、プログラムの一覧から「Windows システム ツール」をクリックして選択し、表示された一覧から「コントロール パネル」をクリックして開きます。
コントロール パネルの画面が開いたら、「プログラム」をクリックして開きます。
プログラム画面になっていることを確認し、「Windows の機能の有効化または無効化」を選びます。
Windows の機能画面になっていることを確認し、一覧から「Windows Subsystem for Linux (Beta)」の左にあるチェックボックスにチェックを入れて、「OK」をクリックします。
※Fall Creators Update以降では「Windows Subsystem for Linux (Beta)」ではなく「Windows Subsystem for Linux」になっています。
Windows Subsystem for Linux (Beta)を含むチェックした機能のインストールが始まります。しばらくお待ちください。
必要な変更が完了しました と表示されたら、インストールが完了します。「今すぐ再起動」を選び、PCを再起動してください。

Ubuntu のインストール

再起動が完了したら、Windows ストアを開きます。通常はスタートメニューのタイルや、タスクバーに起動するためのアイコンが表示されています。
検索ボックスに「Ubuntu」と入力して検索し、表示された一覧からUbuntuのアイコンが描かれたアプリを選びます。
Ubuntuのアプリ詳細画面が表示されます。「購入」をクリックしてインストールを開始してください。(料金は無料です)
ダウンロードが開始されるとこのような表示に切り替わります。お待ちください。
インストールが完了すると、このような表示に切り替わります。「起動」をクリックして起動してください。
正常に起動すると、コマンドプロンプトが開き「Installing, this may take a few minutes…」と表示されます。Ubuntuが使用可能になる作業をしているので、お待ちください。
「Installation successful!」と表示されたあとに、Ubuntu上で使用するユーザーIDの入力を求められます。入力してください。
次に、パスワードの入力が2回求められます。入力してください。

最後に ユーザー名@PC名 が表示されてコマンドが入力できる状態になればインストールは終了です。

コマンドプロンプトを終了する場合は、「exit」と入力してEnterキーを押すと終了します。

※この手順はWindows 10 Insiders Preview 15237上での手順です。Windowsのバージョンによっては異なる場合があります。

関連

コメントを残す