Alto開発時(1970年代初期)に導き出されたUIの8つの原則

Webクリップ, データベース コメントはまだありません

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
机の環境を比喩的に電子化する コマンドをキーボード入力するのではなく、画面上で見て選択する 画面上に見えている形がそのまま印刷される(What You See Is What You Get) コマンドは汎用性を持たせて、数は少なくする 違う場面でも同じ仕事をするには、同じ操...

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
机の環境を比喩的に電子化する コマンドをキーボード入力するのではなく、画面上で見て選択する 画面上に見えている形がそのまま印刷される(What You See Is What You Get) コマンドは汎用性を持たせて、数は少なくする 違う場面でも同じ仕事をするには、同じ操...
  • 机の環境を比喩的に電子化する
  • コマンドをキーボード入力するのではなく、画面上で見て選択する
  • 画面上に見えている形がそのまま印刷される(What You See Is What You Get)
  • コマンドは汎用性を持たせて、数は少なくする
  • 違う場面でも同じ仕事をするには、同じ操作でよい
  • できるだけ簡単な操作で、コンピューターが動く
  • ある仕事から別の仕事に移るときに、別の仕事だと宣言する必要はない
  • ユーザーが自分の好みでシステムを変更できる


関連

管理人のアンテナlive!

コメントができます(コメントは承認制です)