wiki, データベース

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
「太陽の季節」で知られる作家・東京都知事。弟は俳優、故石原裕次郎 作家、東京都知事(2006年3月現在)。1932年兵庫県生まれ。一橋大学在学中の54年「一橋(いっきょう)文芸」に処女作「灰色の教室」を発表する。55年「太陽の季節」が文学界新人賞となり、翌年同作品で芥川賞を受賞。同作品はのちに既成の価値観を打ち破ろうとする若者たち「太陽族」の流行語を生んで社会現象にもなった。作家活動の傍ら、政治の世界にも深い関心を示し、68年の参議院選挙に自民党(全国区)から出馬、300万票という最高得票で当選した。その後は政治家と小説家の両輪をまわして活動を続け、衆院議員だった99年、東京都知事選挙に出馬して圧勝し、現在に至る。他の代表作に「死の博物館」「行為と死」「化石の森」「弟」、散文詩集「風の神との黙約」など多数がある。...

「太陽の季節」で知られる作家・東京都知事。弟は俳優、故石原裕次郎 作家、東京都知事(2006年3月現在)。1932年兵庫県生まれ。一橋大学在学中の54年「一橋(いっきょう)文芸」に処女作「灰色の教室」を発表する。55年「太陽の季節」が文学界新人賞となり、翌年同作品で芥川賞を受賞。同作品はのちに既成の価値観を打ち破ろうとする若者たち「太陽族」の流行語を生んで社会現象にもなった。作家活動の傍ら、政治の世界にも深い関心を示し、68年の参議院選挙に自民党(全国区)から出馬、300万票という最高得票で当選した。その後は政治家と小説家の両輪をまわして活動を続け、衆院議員だった99年、東京都知事選挙に出馬して圧勝し、現在に至る。他の代表作に「死の博物館」「行為と死」「化石の森」「弟」、散文詩集「風の神との黙約」など多数がある。

こちらもチェック!



出典:総合データベースサイト「coron」 執筆者 : .

管理人のアンテナlive!

コメントを投稿(承認制)