Windows XP Professional: パフォーマンス

Microsoft, データベース コメントはまだありません

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
Microsoft® Windows® XP が動作しているコンピュータであれば、同時に複数のアプリケーションを実行しながら、負荷の大きなタスクを処理できます。 Windows XP はアプリケーションを高速に実行するばかりでなく、システムのスタートも高速です。 推奨された最小ハードウェア要件を満た...

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
Microsoft® Windows® XP が動作しているコンピュータであれば、同時に複数のアプリケーションを実行しながら、負荷の大きなタスクを処理できます。 Windows XP はアプリケーションを高速に実行するばかりでなく、システムのスタートも高速です。 推奨された最小ハードウェア要件を満た...

Microsoft® Windows® XP が動作しているコンピュータであれば、同時に複数のアプリケーションを実行しながら、負荷の大きなタスクを処理できます。 Windows XP はアプリケーションを高速に実行するばかりでなく、システムのスタートも高速です。 推奨された最小ハードウェア要件を満たすほとんどのコンピュータにとって Windows XP は、全体的に従来の Windows の中で最もパフォーマンスのよいオペレーティング システムです。

起動の高速化とログオン

Windows XP を実行している最新コンピュータを使用する場合、「オン」のボタンを押してから作業開始するまでのシステム スタートに必要なステップは 30 秒もかかりません。 実際コンピュータの多くは 20 秒以内で使用準備が完了します。ネットワークのログオンに必要なプロセスはスタートアップ プロセスを延ばしますが、Windows XP を使用したネットワークへのサインオンは一般に Windows 2000 より高速です。

スタンバイおよび休止状態からの高速再開

ラップトップ ユーザーは、Windows XP のスタンバイおよび休止状態機能の利用を希望しています。コンピュータを使用しない時にこの機能を利用すれば、電源を切らなくでもバッテリ寿命を節約できます。

スタンバイ機能は、たとえば会議の休み時間にフル電源モードと低電源モードを切り替える時に便利です。 スタンバイではシステムはモニタとハード ドライブをシャットダウンさせますが、RAM にはユーザーが作業中の情報を残すため、スタンバイからの再開は高速です。 最新ラップトップの多くは実際に、2 秒以内にスタンバイ状態から再開できます。

休止状態では、コンピュータの電源をオフにしてから再起動しなくてもシステムを回復でき、アプリケーションを終了して再スタートさせる必要がありません。 スタンバイでは RAM 内のメモリを保存するため電源を消費しますが、休止状態オプションは作業をディスクに保存するのでシステムを完全にオフにできます。 このオプションは、作業を中止した箇所からシステムを再起動しないで再開して、必要なアプリケーションを再スタートさせる場合に便利です。 最新ラップトップの多くは 20 ~ 30 秒以内に休止状態から再開できます。再開に要する時間は、システムを休止状態にした時にメモリに存在している情報の量によります。

アプリケーションのスタートアップ

また Windows XP のスタートを高速化したのと同じパフォーマンスの向上によって、アプリケーションの開始も高速です。 前のバージョンの Windows では長時間を要したアプリケーションの開始時間は、大幅に改善されています。

リソース管理

オペレーティング システムの動作を高速化する方法の 1 つは、メモリ内の情報処理などのシステム サービスが可能な限りアプリケーションを干渉しないことです。 Windows XP には、可能な限りシステムの動作を高速化するようにメモリや CPU、ファイル操作などシステム リソースを管理する機能が含まれています。



関連

管理人のアンテナlive!

コメントを入力

CAPTCHA