マイクロソフトの有力パートナー37社が Microsoft(R) Windows(R) XP Professional への移行支援を目的とした「Windows XP Speed Migrationサービス」を開始

ニュース コメントはまだありません

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
マイクロソフト株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:阿多 親市)は、マイクロソフト製品をベースにソリューション提供を行う「マイクロソフト認定パートナー」の中で、特に導入スキルを整備した全国の有力パートナー37社と共同で、企業内クライアントPCのオペレーティング システム(OS)の「Micro...

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
マイクロソフト株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:阿多 親市)は、マイクロソフト製品をベースにソリューション提供を行う「マイクロソフト認定パートナー」の中で、特に導入スキルを整備した全国の有力パートナー37社と共同で、企業内クライアントPCのオペレーティング システム(OS)の「Micro...

マイクロソフト株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:阿多 親市)は、マイクロソフト製品をベースにソリューション提供を行う「マイクロソフト認定パートナー」の中で、特に導入スキルを整備した全国の有力パートナー37社と共同で、企業内クライアントPCのオペレーティング システム(OS)の「Microsoft(R) Windows(R) XP Professional」へのスムーズかつ迅速な移行を支援する「Windows XP Speed Migrationサービス」を、6月10日(月)より提供開始します。

 「Windows XP Speed Migrationサービス」では、ユーザー企業がクライアントPCを、旧バージョンOSから、最新のデスクトップOSであるWindows XP Professionalへスムーズに移行するために、本パートナー企業を通して「専任技術者による導入支援」と「投資対効果の算出」のサービスを提供します。Windows XP Professionalは2001年11月の発売以来、旧バージョンであるWindows 2000 Professional と比較して、企業導入において約3倍の速さで売上実績を上げており、まさに本格的な導入が始まってきている時期といえます。この状況を背景にマイクロソフトでは、パートナー企業による本サービスの提供によって、企業におけるWindows XP Professionalへの移行の障壁となっている課題を解決し、更に企業への導入促進が加速するものと期待しています。

 「Windows XP Speed Migrationサービス」では、以下の2つの導入支援を本パートナー企業より提供します。本パートナー企業は、Windows XP Professionalの導入においてマイクロソフトが推奨する必要な導入スキルを保持しています。Windows XP Professionalの導入を検討しているユーザー企業は、本パートナー企業より提供される導入支援サービスを通じて安心してWindows XP Professionalを導入できます。
詳細情報は、本サービスWebページ (http://www.microsoft.com/japan/windowsxp/speedmigration/) より参照できます。

■「専任技術者による導入支援」サービス:6月10日(月)より提供開始

企業クライアントPCのWindows XP Professionalへのスムーズかつ迅速な導入を支援するサービスです。本パートナー企業(全37社)はこのWindows XP Speed Migrationサービスへの参画にあたり、各社独自の導入支援サービスを提供します。更にWindows XP Professionalにおける技術体制として、クライアントPCからサーバーまでをサポートできるように、専門のトレーニングを受けた技術者を2名以上配置することにより、社内ネットワークインフラ全体を見据えた提案を行い、円滑な導入を支援します。

Windows XP Professionalの導入を検討しているユーザー企業は、各パートナー企業のサービス内容に基づき安心して導入を進めることが可能になります。Windows XP Professional導入支援のサービス内容に関しては、本サービスWebページ(http://www.microsoft.com/japan/windowsxp/speedmigration/)をご確認ください。

■「投資対効果の算出」サービス

Windows XP Speed Migrationサービスでは、専用ツールを利用したWindows XP Professional導入検討時の投資対効果(ROI)算出サービスを、本パートナー企業経由で提供の予定です。

この「投資対効果の算出」サービスは、米国マイクロソフト コーポレーションによって開発された「Business Value Adviser(BVA)」ツールを使用して行います。BVAツールは、世界中の多くの導入企業において調査された利益とコストの調査から導き出された財務的価値を組み入れています。本パートナー各社はこのBVAツールを用いて、ユーザー企業毎に異なるビジネス環境を事前にテンプレート化したヒアリング項目に基づきヒアリングを行い、Windows XP Professional導入に対する投資対効果を算出します。その結果得られたレポートをユーザー企業に報告します。本サービスにより、これまで敷居の高かったIT投資に対する効果分析を短時間かつ廉価に実施することが可能となり、Windows XP Professionalの円滑な導入を支援します。「投資対効果の算出」サービスは、全37社の中で、BVAツールのトレーニングを受講した専任担当者を設置した企業より提供予定です。

現在、BVAツールの日本語版の開発を進めており、その後パートナー企業向けのトレーニングの実施後、具体的なサービスとして提供開始する予定です。(別途正式発表予定)

Windows XP Speed Migrationサービス 提供パートナー企業 (50音順)

ウチダスペクトラム株式会社
英工電機株式会社
NTTデータ関西テクシス株式会社
株式会社大塚商会
キヤノン販売株式会社
群馬リコー株式会社
三愛情報株式会社
株式会社シーアイエス
株式会社シーエーシー
四国情報管理センター株式会社
住商情報システム株式会社
ソレキア株式会社
都築通信技術株式会社
テクノ株式会社
東京システムズ株式会社
株式会社 東芝
日興通信株式会社
日本アイ・ビー・エム株式会社
日本NCR株式会社
日本コムシス株式会社
日本事務器株式会社
日本電気株式会社
株式会社ネクスタイド
株式会社パナッシュ
ピコシステム株式会社
株式会社日立システムアンドサービス
株式会社日立製作所
日立ソフトウェアエンジニアリング株式会社
株式会社日立超LSIシステムズ
富士通株式会社
富士通サポート&サービス株式会社
松下電器産業株式会社
株式会社三重電子計算センター
ミツイワ株式会社
株式会社三菱電機ビジネスシステム
リコーテクノシステムズ株式会社
ワールドビジネスセンター株式会社

マイクロソフト認定パートナーとは

マイクロソフト認定パートナーは、マイクロソフト製品に関する高い技術力と実績を持ち、システムインテグレーション、コンサルティング、ビジネスアプリケーション開発、教育、技術サポートなどを通じて、システム構築に関するあらゆるお客様のニーズに合ったソリューションを提供する企業です。

http://www.microsoft.com/japan/certpartner/



関連

管理人のアンテナlive!

コメントを入力

CAPTCHA