Microsoft Windows XP Service Pack1 日本語版の提供を9月19日(木)より開始

ニュース コメントはまだありません

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
マイクロソフト株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:阿多 親市、以下マイクロソフト)は、Windowsで最も急速に売上の伸びている最新製品であるMicrosoft(R) Windows(R) XPのアップデート版のWindows XP Service Pack 1(SP1)を9月19日(木)...

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
マイクロソフト株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:阿多 親市、以下マイクロソフト)は、Windowsで最も急速に売上の伸びている最新製品であるMicrosoft(R) Windows(R) XPのアップデート版のWindows XP Service Pack 1(SP1)を9月19日(木)...

マイクロソフト株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:阿多 親市、以下マイクロソフト)は、Windowsで最も急速に売上の伸びている最新製品であるMicrosoft(R) Windows(R) XPのアップデート版のWindows XP Service Pack 1(SP1)を9月19日(木)よりWindows Updateサイト(http://windowsupdate.microsoft.com/)よりダウンロードを開始したことをお知らせします。現在Windows XPを利用するユーザーがWindows XP SP1を適用することにより、セキュリティ、信頼性、互換性がより強化された環境へアップデートされます。

Windows XP SP1によるセキュリティの強化
Windows XP SP1には、Windows Update経由で提供されているセキュリティ修正モジュールが全て含まれています。また、「信頼できるコンピューティング環境(Trustworthy Computing)」への取り組みの一環として、本年初頭に実施されたWindowsソースコードを再度チェックしたことによる成果も全て反映されています。

Windows XP SP1には、従来のサービス パックで提供されてきた各種のアップデート情報のほかに、米国司法省および9州との間で合意した和解案によって要求されている変更内容も含まれています。この変更を適用することにより、PCメーカーおよびユーザーはInternet Explorer、 Windows Media(TM) Player、Windows Messenger、Outlook(R) ExpressおよびMicrosoft Java VMへのアクセスのための表示をPC環境から削除できるようになります。この変更は、2001年11月に和解案が合意されて以来、マイクロソフトによって実施されてきたさまざまな順守活動の成果の一つです。

Windows XPは未来への基礎を提供
Windows XPは、ユーザー エクスペリエンスの拡大を実現する、以下のような画期的な新製品のベースとなっています。

  • Windows XP Tablet PC Edition:ビジネス ユーザー向けのモバイルPCで使用されるソフトウェア。このソフトウェアによってサポートされるタブレット機能を利用すると、会議や外出先などにおいて、PCを用いて紙を利用するような感覚で手書きのメモを取れるようになります。
  • Windows XP Media Center Edition:家庭用のメディアPCで使用されるソフトウェア。このソフトウェアによってサポートされる新しいユーザー インタフェースとリモート コントロールを利用すると、部屋のどこからでもデジタル メディア情報にアクセスすることができます。
  • Windows Powered Smart DisplayWindows XPが搭載されたPCに、ワイヤレスで接続することができる画期的なPCモニター。このモニターを利用することで、家庭内のどこからでも簡単にPCにアクセスすることが可能となり、情報、アプリケーションおよびサービスの有効活用がはかれるようになります。

Windows XP SP1の提供開始

Windows XP SP1は、9月19日(木)よりWindows Updateサイト(http://windowsupdate.microsoft.com/)からのダウンロード、もしくはCD-ROMにて提供されます。

CD-ROM申し込み先(10月1日から受付開始予定)
マイクロソフト サービスパック オーダーセンター
http://www.microsoft.com/japan/products/shop/
* CD-ROM申し込み代金として1,050円(送料手数料、消費税込)が必要です。

Windows XPは、今までのWindows OSの中では最も急速に売上が伸びた製品であり、出荷後わずか9ヶ月後の2002年6月までに、販売店およびPCメーカーを合わせて4600万ライセンスという過去最高の実績を達成しています。また800以上の開発パートナーが、2002年6月までにおよそ3万種類以上のソフトウェア製品をWindows XP環境向けに開発しています。Windows XPは、デジタル メディアを簡単に扱うことができるように開発されているため、デジタルカメラ、デジタル音楽およびビデオ レコーダー関連商品への人気の高まりとともに、その普及が拡大しています。さらに、Windows XPの持つワイヤレス ネットワークの構築のしやすさも、急速に増加しているワイヤレス ホーム ネットワーキングやワイヤレスインターネット アクセスに興味を持つユーザーにとっては大きな魅力となっています。



関連

管理人のアンテナlive!

コメントを入力

CAPTCHA