馳文部科学大臣は、就任後初めて、東京都の舛添知事と会談し、2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて、東京都と緊密に連携しながら、新しい国立競技場の整備などを進めていく考えを伝えました。 7日に発足した第3次安倍改造内閣で初入閣した馳文部科学大臣は、9日午後、東京都庁で、就任後初めて舛添知事と会談しました。 この中で舛添知事は、2020年の東京オリンピック・パラリンピックについて「新しい国立競技場の費用の分担の問題もあるが、1つ1つ積み上げ、都民が納得する形で進めたい。最大の目標は、国民が『よかった』と思う競技場を建設し、レガシー=遺産が残せるようなオリンピック・パラリンピックを開くことなので、緊密に連絡を取りながら大きなゴールに向かっていきたい」と述べました。 これに対し、馳大臣は「政府総がかりで取り組むために、形を整えつつある段階なので、舛添知事の意見を伺いながら練り上げていきたい」と述べ、東京都と緊密に連携しながら、新しい国立競技場の整備などを進めていく考えを伝えま...
馳文部科学大臣は、就任後初めて、東京都の舛添知事と会談し、2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて、東京都と緊密に連携しながら、新しい国立競技場の整備などを進めていく考えを伝えました。
7日に発足した第3次安倍改造内閣で初入閣した馳文部科学大臣は、9日午後、東京都庁で、就任後初めて舛添知事と会談しました。
この中で舛添知事は、2020年の東京オリンピック・パラリンピックについて「新しい国立競技場の費用の分担の問題もあるが、1つ1つ積み上げ、都民が納得する形で進めたい。最大の目標は、国民が『よかった』と思う競技場を建設し、レガシー=遺産が残せるようなオリンピック・パラリンピックを開くことなので、緊密に連絡を取りながら大きなゴールに向かっていきたい」と述べました。
これに対し、馳大臣は「政府総がかりで取り組むために、形を整えつつある段階なので、舛添知事の意見を伺いながら練り上げていきたい」と述べ、東京都と緊密に連携しながら、新しい国立競技場の整備などを進めていく考えを伝えました。

こちらもチェック!



出典:総合データベースサイト「coron」 執筆者 : .

管理人のアンテナlive!