小池都知事、「希望の党」代表を辞任

Webクリップ コメントはまだありません

この部分が表示されていますか?

coronではリーダービュー、読み取りビューを使用して読むことに関しての保証はしておりません。お手数ですが、リーダービューを解除してご覧ください。

東京都の小池百合子知事は、9月に自ら立ち上げた国政政党「希望の党」の代表を辞任しました。

「私は代表の座を降ろさせていただいて、しかるべき形で皆様方をサポートできるようにしていきたいと思っております」(東京都 小池百合子知事)

小池知事は14日、希望の党の両院議員総会で、代表を辞任する考えを表明。総会では、小池知事の代表辞任と玉木雄一郎共同代表の代表就任が了承されました。

小池氏はこの後、地域政党「都民ファーストの会」の政治資金パーティーに出席し、「拙速なところがあり、十分実らなかったこともあった」と述べました。

「新しい執行部の枠組みができたということが最大です。私1人で何もかもできるわけではない。ましてや国政ですから、国政にその枠組みができたことはバトンタッチするタイミングだと思いました」(東京都 小池百合子知事)

また、小池知事はいわゆる「排除発言」を念頭に、「自分のメッセージの伝え方に反省しなければいけないこともある」とも述べました。

一方、これまで都民ファーストの会と知事与党を形成してきた都議会公明党が、「今後は是々非々で対応する」と小池知事側に伝えていたことがわかりました。都民ファーストの会だけでは都議会の過半数に満たず、小池知事は都政でも難しい舵取りを迫られることになります。


管理人takimuraのTwitterでは幅広い情報を提供しています。お気軽にフォローをどうぞ

関連

管理人のアンテナlive!

コメントができます(コメントは承認制です)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください