アイドルグループ元メンバー、所属事務所を提訴

Webクリップ コメントはまだありません

この部分が表示されていますか?

coronではリーダービュー、読み取りビューを使用して読むことに関しての保証はしておりません。お手数ですが、リーダービューを解除してご覧ください。

アイドルグループの元メンバーが、所属事務所から「報酬が一切支払われないのは不当だ」として、未払いの賃金などを求めて提訴しました。

訴えを起こしたのは、アイドルグループの元メンバーで、10代から20代の女性4人です。

訴状などによりますと、4人は、おととし、賃金を月3万8000円とした上で同じ額のレッスン費用を差し引くとする5年間の専属契約を芸能事務所と結び、7人組のアイドルグループとしてデビューしました。しかしその後、CDやグッズなどの売上があったにもかかわらず、報酬が一切、支払われていないのは不当だと主張。未払いの賃金1人当たりおよそ102万円のほか契約の解除などを求めて提訴しました。

「私たちと同じような状況の人もたくさんいると思うが、(提訴)することで勇気を与える、何か変わるきっかけになればいいなと思っている」(原告女性)


管理人takimuraのTwitterでは幅広い情報を提供しています。お気軽にフォローをどうぞ

関連

コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.