ニュース : 新iPhone、日本発売は9月20日か 「金」モデルも

Webクリップ コメントはまだありません

この部分が表示されていますか?

coronではリーダービュー、読み取りビューを使用して読むことに関しての保証はしておりません。お手数ですが、リーダービューを解除してご覧ください。

米アップルが開発中の新型iPhoneについて、日本国内での発売日は9月20日金曜日になる見込みだ。正式な発表会は既報通り10日にサンフランシスコで開催される予定。国内携帯電話会社への独自取材や過去のパターンから推測すると、日本では翌週末の発売となる可能性が高い。

 今回の新型iPhoneは、日本ではこれまで同様にソフトバンクモバイルとKDDI(au)が取り扱う見込み。注目のNTTドコモの販売については、少なくとも発売時点では見送りとなる公算だ。

9月に新型の投入が予定されるiPhone5=ロイター
画像の拡大

9月に新型の投入が予定されるiPhone5=ロイター

■従来の黒と白と合わせて3色構成に

 新型iPhoneでは、ハイエンドとなる「iPhone5S」(通称)とローエンドの「iPhone5C」(通称)の2モデルが登場する見込み。iPhone5Sには、従来のホワイトとブラックに加え、新たにシャンパンゴールドの筐体(きょうたい)が加わって3色モデルの構成になると予測される。

 一方、iPhone5Cはプラスチック筐体を採用した廉価版という位置づけで、主に中国市場向けを意識したとされている。モデル名に入っている「C」は「China(中国)」、あるいはカラフルな本体カラーを複数用意することから「Color(色)」の頭文字を取ったとされている。

 最近のアップルの新製品は、事前の推測通りの仕様となることが多い。今回の新型iPhoneではプロセッサーやカメラを強化するほか、新たに指紋認証装置を搭載すると推測されている。指紋認証装置はホームボタンの部分に搭載することでユーザーは従来通りの操作で指紋による認証が利用できる。そのほか、近距離通信規格の「NFC」に対応するという予測もあるが、それ以外の仕様に関しては特にサプライズはなさそうだ。

 米ウォール・ストリート・ジャーナルの報道でも、アップルがiPhoneの製造を委託している台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業に対し、iPhone5SとiPhone5Cの2モデルについて出荷するように依頼したと伝えている。

■途上国市場を狙いローエンドモデルを提供

 スマートフォン(スマホ)では、先行するiPhoneに対してAndroid搭載スマホが猛追している。すでに世界全体で見た出荷台数では、Androidスマホが逆転しているが、欧米をはじめとした先進国ではiPhoneが根強い人気を誇っている。

 今回の新型iPhoneでは、欧米先進国の市場を守ると同時に、低価格志向が強い途上国市場でAndroidスマホに対抗することが求められる。そのために、新たにハイエンドとローエンドの2モデル構成にする。また、中国などの市場に合わせたTD-LTEと呼ぶ通信方式について新たに対応するかも注目を集めている。


管理人takimuraのTwitterでは幅広い情報を提供しています。お気軽にフォローをどうぞ

関連

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください