Windows10での回復ドライブの作成方法

Tips, Windows, 知恵ノート コメントはまだありません

この部分が表示されていますか?

coronではリーダービュー、読み取りビューを使用して読むことに関しての保証はしておりません。お手数ですが、リーダービューを解除してご覧ください。

Windows10の動作が不安定になり、以前の環境に戻したい。
そんな時は、インストールメディアがあればWindowsの再インストールが可能です。
インストールメディアからの再インストールを行うと、ドライバーのインストールなども
別途行う必要があります。
フラッシュドライブに作成した回復ドライブがある場合は工場出荷時の状態に復元することができます。

回復ドライブを作成するには、次のものが必要です。
・お使いのコンピュータ
・16 GB以上のUSBフラッシュドライブ 1個
※ 構成により32GB以上のフラッシュドライブが必要です。
※ 作成手順4.で表示される容量以上のフラッシュドライブをご用意ください。
※ 回復ドライブ作成時に、フラッシュドライブ内のデータはすべて削除されます。

回復ドライブの作成手順

1.USBメモリをコンピューターに装着します。

2.左下の検索欄で「回復ドライブ」と入力して、[回復ドライブの作成]をクリックします。
※インターネット未接続の場合は、[コントロールパネル]→[システムとセキュリティ]→[セキュリティとメンテナンス]→[回復]→[回復ドライブの作成]の順で開きます。

3.「システムファイルを回復ドライブにバックアップします」にチェックが入っていることを確認して、[次へ]をクリックします。

4.メッセージを確認し、問題なければ[次へ]をクリックします。
この処理によりUSBフラッシュドライブにあるすべてのデータが削除されます。

5.再度データ削除についての警告が表示されます。[作成]をクリックします。

6.リカバリパーティションの大きさやスペックによってかかる時間が異なりますが、
1時間以上かかる場合もあります。

7.[完了]をクリックし作業終了となります。


管理人takimuraのTwitterでは幅広い情報を提供しています。お気軽にフォローをどうぞ

関連

コメントができます(コメントは承認制です)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください