Windows10 Creators Updateで追加された新機能について

Tips, Windows, 知恵ノート コメントはまだありません

Windows 10 Creators Update

Windows10の大型アップデートCreators Updateではクリエーター向け機能が強化、追加されるほか、一般ユーザー向けの様々な機能の強化もなされています。


夜間モード
ディスプレイの明るさを暖色系の色合いに変更することにより、ユーザーの目に負担を与えるブルーライトの色合いを軽減する機能です。

スタートメニューのタイルをグループ化
スタートメニューのタイルをまとめてフォルダ化することができるようになり、よりタイルを整理しやすくなります。

ペイント 3D
従来のペイントが進化した最新版で、2D キャンバスや 3D オブジェクトで試すことができる新しいアートツールを豊富に備えています。

「コンパクトオーバーレイウィンドウ」機能が追加
デスクトップの隅に小さなウィンドウを表示させて、他の作業をしながら動画を楽しめる機能です。ピクチャ・イン・ピクチャ機能に当たる機能です。
YouTube動画を見ながらドキュメントを作成するといった並行作業が可能になります。

ゲームモード
総合的なゲーム性能に合わせて、PCの最適化を行ないます。CPUやGPUの割り当てを優先的にゲームへと割り振ることができる機能です。

設定画面のカテゴリー表示が変化
設定に「アプリ」と「ゲーム」という項目が追加されます。
「アプリ」の項目にはアプリのアンインストールや既定のアプリの設定が格納されています。
「ゲーム」の項目にはゲームバーやゲームモードの設定などが格納されています。

自動的にごみファイルを削除する機能が追加一時ファイルやごみ箱の中の古いファイルを自動的に削除してくれる機能が追加されます。この機能も「設定」アプリからアクセスできます。

利用環境に合わせて設定変更を行ってみてください。

関連

コメントを残す