Webクリップ, Windows

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
ThinkPad X201sへ、Windows 8.1 Updateをインストールしました。ここでビデオ ドライバーについては、デフォルトのドライバー  (Windows Updateから適用されるドライバー) を利用しました。こちらのドライバーは、2012年11月26日のバージョン8.15.10.2900という少々古いドライバーで、パフォーマンスが実際のGPUの能力よりも低く出てしまうようです。 第一世代のCore i シリーズのCPUに内蔵されているGPUは、Windows 8.1用のドライバーが提供されていません。そこで、Windows 7用の最新ドライバーを利用することになります。しかし、Windows 7用のドライバーは、そのままではWindows 8.1で利用することができません。 ということで、Intel社のサイトから提供されている2013年1月30日付のバージョン8.15.10.2993というドライバーを利用することにしました。ここではThinkPad X...

ThinkPad X201sへ、Windows 8.1 Updateをインストールしました。ここでビデオ ドライバーについては、デフォルトのドライバー  (Windows Updateから適用されるドライバー) を利用しました。こちらのドライバーは、2012年11月26日のバージョン8.15.10.2900という少々古いドライバーで、パフォーマンスが実際のGPUの能力よりも低く出てしまうようです。

第一世代のCore i シリーズのCPUに内蔵されているGPUは、Windows 8.1用のドライバーが提供されていません。そこで、Windows 7用の最新ドライバーを利用することになります。しかし、Windows 7用のドライバーは、そのままではWindows 8.1で利用することができません。

ということで、Intel社のサイトから提供されている2013年1月30日付のバージョン8.15.10.2993というドライバーを利用することにしました。ここではThinkPad X201sのWindows 8.1 Updateへ、最新のWindows 7用Intel® HD Graphicsドライバーをインストールする方法を紹介します。

まずは、Intel社のサイトからドライバーをダウンロード

インテル社のWebサイトより、以下のドライバーをダウンロードします。

Windows 7* 64 および Windows Vista* 64 用インテル® グラフィックス・メディア・アクセラレーター・ドライバー (zip 圧縮形式)

インテル® HDグラフィックス内臓インテル® CoreTMプロセッサー用インテル® HDグラフィックス・ドライバーをZIPファイル形式でダウンロードします。2014年11月29日現在、上記のドライバー (2013年2月19日付バージョン15.22.58.64.2993)が最新になっています。ダウンロードしたZIPファイルを展開しておいてください。

INFファイルの修正

先にも記述しましたが、Windows 7用のドライバーは、そのままではWindows 8.xでは利用できません。そこで、INFファイルを修正してWindows 8.1 Updateへインストールできるようにします。実際には、展開したZIPファイルの、”\Win7Vista_64_152258.zip\Graphics\kit51428.inf” を修正します。”kit51428.inf” ファイルの [IntelGfx.NTamd64.6.2]以下へ、[IntelGfx.NTamd64.6.0]以下の2行をコピー&ペーストします。(以下の修正前の画像と、修正後の画像をご確認ください)

修正前 ( [IntelGfx.NTamd64.6.0]以下の2行をコピーして、[IntelGfx.NTamd64.6.2]以下へペーストします )

修正後

デジタル署名の確認を無効化して、Windows 8.1 Updateを起動

Windows OSではデフォルトで、品質が認証され、かつデジタル署名されたドライバーでなければ、インストールできないようになっています。今回は、先にINFファイルを修正したため、Windows OSからは誤ったデジタル署名 (改竄された)と認識されてしまいます。そのため、setup.exeでインストールを試みても、以下のエラーメッセージが表示され、インストールできません。

そこで、Windows OSの設定を変更し、デジタル署名の確認を無効にしてからドライバーのインストールを行います。デジタル署名の確認を無効にするためには、Windows OSの起動オプションで変更します。では、手順です。

  1. チャーム ( [Windowsキー]+[C] で左側に表示される) の[設定]をタップ/クリックし、[PC 設定の変更]をタップ/クリック
  2. “PC 設定” で、[保守と管理] をタップ/クリック
  3. “保守と管理” で、[回復]を選択し、 ”PC の起動をカスタマイズする” の [今すぐ再起動する] をタップ/クリック
  4. 再起動後の “オプションの選択” で、[トラブルシューティング] をクリック
  5. “トラブル シューティング” で、[詳細オプション] をクリック
  6. “詳細オプション” で、[スタートアップ設定] をクリック
  7. “スタートアップ設定” で、[7] キーを押す

これで、デジタル署名がされていないドライバーをインストールできるようになります。

ようやく、Setup.exeでドライバーのインストール

あとは、もうSetup.exeをダブルクリックしてインストールするだけです。途中で、”ドライバー ソフトウェアの発行元を検証できません” と表示された警告のダイアログが表示されます。

先にINFファイルを修正 (改竄) しているので、これは正しい警告です。先に、”デジタル署名の確認を無効化” していない場合は、このダイアログさえ表示されずにインストールに失敗します。

デジタル署名が正しくないことを自分で知った上でインストールを試みるのですから、ここでは[このドライバー ソフトウェアをインストールします] をクリックしてインストールを継続します。順調にいけば、セットアップが終了するので、”セット アップの進行状況”ダイアログで、[次へ]ボタンをクリックします。

”セット アップ完了” ダイアログで、[はい、コンピューターを今すぐ再起動します。]ラジオボタンを選択したまま、[完了]ボタンをクリックして再起動します。

これで最新のWindows 7ドライバーのインストールは終了です。今回は、ThinkPad X201sで行ったこの手順は、第一世代のCore iシリーズのCPUを搭載したPCすべてで利用できます。

グラフィックス のパフォーマンスが若干向上します

インストールが完了したところで、WinScoreShare.exeで、”グラフィックス” と “ゲーム用グラフィックス” のパフォーマンスの向上を確認します。”グラフィックス” では3.4から4.2へ向上、”ゲーム用グラフィックス”では3.3から3.8へ向上します。この向上を実際の作業で体感できるかどうかは別ですが…

ThinkPad X220以前のThinkPad Xシリーズのキーボードやトラック ポイントはいい

自宅での利用は、Windows 8.1 UpdateをインストールしたThinkPad X201sを中心にするようになっています。8GBメモリを実装したLenovo ThinkPad X201sは最高です。移動の際にはMicrosoft Surce Pro 2を利用していますが、マン-マシン インターフェイスの使用感はThinkPad Xシリーズの比ではありません。ThinkPad X220もキーボードやトラック ポイントはよいのですが、画面解像度が低すぎて操作性が悪いのが欠点です。マン-マシンインターフェイスという点では、Lenovo ThinkPad X201sは最高です。

こちらもチェック!



出典:総合データベースサイト「coron」 執筆者 : .

管理人のアンテナlive!

コメントを投稿(承認制)