PowerDVDのアップデート&アップグレードについて

Tips, Windows コメントはまだありません

パッケージ版もバンドル版も、アップデータを適用する事でかなり長い間 (少なくとも4~5年?) はブルーレイの再生に対応してくれます。

アップグレードとブルーレイの再生について

発売から3年以上経過し、サポートの切れた古いPowerDVDは、その年にサポート切れしたPowerDVDへ無償アップグレード可能な場合があります。

  • 古いPowerDVDは、サポート切れした製品の中で最新の PowerDVD に無償でアップグレードできる
    2016年2月時点では PowerDVD12 (アップグレードファイルは2015.09.08リリース。製品版より5~6か月遅れ)
    最終アップデータの公開日から8~10ヶ月くらい、ブルーレイの再生が可能になる。
  • 2016年1月まで所有していたPowerDVD9と10は、昨年秋ごろにPowerDVD12にアップグレードでき、ブルーレイの再生も可能となった。
  • バンドル版の場合、無償アップグレード出来ない場合もある。
    OEM先メーカーの対応による違いなのか、アップグレードの対応はまちまち。
  • PowerDVD8 は PowerDVD12 にアップグレードできない。
    無償アップグレードは3世代先までなか?
    今後も3世代くらい先まで無償アップグレードできるのかどうかは不明
  • 詳細はページ下段

アップデートの手順

アップデートの手順は、PowerDVDをインストールする時と同様。

アップデートの注意事項

  • PC再起動直後にアップデートするのが望ましい。
  • 出来ればOSのクリーンブートを行い、余計な常駐ソフトが起動していない状態でアップデートする。
  • アップデートに失敗した場合は、PC再起動する。 (システムの復元やPowerDVDのアンインストールなどは行わず)そのままアップデータを上書きでインストールしてみる

※PowerDVD9~11時代、上記を注意しなければかなりの確率でアップデートに失敗した。
※PowerDVD15の場合、現時点では手元の環境でアップデート失敗はない。

アップデータの確認方法

通常は、PowerDVDの設定画面からアップデートを確認する。
PowerDVDのアップデート
▲クリックで拡大
「アップデート」の確認の場合でも「アップグレード」ボタンを押す。

アップデートがある場合
PowerDVD15のインストール方法をメモ
▲クリックで拡大
こんな感じのメッセージが表示されている。リンクをクリックするとブラウザが起動してダウンロードページが開く。

  • この時、PowerDVDのバージョンが古くなると、有料のアップグレード版の案内が出るようになる。
  • しかしWebページを下の方までスクロールさせると無償のアップデータが用意されている。



Webページでの確認 (パッケージ版の場合)

PowerDVD をアップデート | CyberLink
店頭販売やネットでパッケージ版/ダウンロード版を購入した場合は、CyberLinkのアップデートページでも更新ファイルをダウンロードできる。
ブルーレイや地デジ録画Discが再生出来なくなったら確認してみる。

  • PowerDVDの場合、製品リリースから2年ほどでブルーレイのAACSキーが切れてしまう。
    • しかし、パッケージ版購入ユーザーは2~3世代後のバージョンまでなら無償でアップグレード可能っぽい。
  • 2016年2月現在、
    PowerDVD9~11はPowerDVD12へのアップデート可能。

    • 毎年夏(7~9月)頃に「その年にサポート切れしたバージョン」への無償アップデートプログラムが提供されている。
    • ただし、Windows10+Edge (またはIE11)の組み合わせでは上手くダウンロード出来ないケースがある。
      • Windows10ユーザーは FirefoxやGoogle Chromeを利用してダウンロードする。
      • Windows10の場合でも、インストールは出来る
      • Windows10の場合、タッチパネル用の「シネマモード」が正常作動しない (最悪の場合はOSクラッシュする) 現象があるらしいので注意する
        ※シネマモードのクラッシュは、手元のPCでは未確認。
        ※シネマモード以外の作動は特に問題はない。
  • PowerDVD8の場合
    (PowerDVD12へのアップデート含め)アップデータの提供が完全終了している模様。

    • このケースを例に考えると、PowerDVDパッケージ版の寿命は6~7年と考えるのが妥当か?
    • PC本体やOSの乗り換え・買い替えのペースや、動画の主流フォーマットの進化を考えると、6~7年の寿命は妥当な所と思われる。
  • ただし、今後PowerDVD9~11がどうなるかは不明
    (私はPowerDVD15に乗り換えるので、今後の追跡もしない)

バンドル版の場合

※すでに手持ちのバンドル版は手放してしまったので、この項目はうろ覚えで書いています。

光学ドライブなどにバンドルされたPowerDVDの場合、上のCyberLinkのアップデータは適用できない。

  • AACSキーの期限が切れ、市販ブルーレイが再生出来なくなったタイミングなどで、アップデータの通知画面が出る。
    • アップデータの通知には、大きく有料のアップグレード版の案内が出ているが、ページを下の方までスクロールさせると無償のアップデータが用意されている。
    • 過去の経験上、多くのバンドル版では 製品 (光学ドライブなど) のリリースから (少なくとも)3~4年の間は「通知先のリンク」に無償のアップデータが公開されている。
  • 手持ちのバンドル版の場合でも、PowerDVD9はPowerDVD11まではアップグレード出来た (そこで手放したため、12にアップグレードできるかどうか未確認)

ネットで拾った バンドル版PowerDVD10ユーザーの記録

LGのBDドライブに付属するOEM版PowerDVD 9を無料で10→12にアップデート| 蜥蜴日記

リンク先の概要や補足

  • LGの光学ドライブのバンドル版 PowerDVD10で、PowerDVD12の提供を受けていらっしゃる例です。
  • どこまでアップグレードを保証してもらえるかは、バンドル先(パイオニア、LG、バッファローなど)のサポート体制で変わってきます。

関連

コメントを残す