Windows XP Professional の機能

Microsoft, データベース コメントはまだありません

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
以下の表は、Microsoft® Windows® XP Professional へのアップグレードがあらゆる規模の企業において正しい選択であることを、その機能と利点に示しています。 Windows XP Professional では、ビジネスに最適のデスクトップ オペレーティング システムとな...

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
以下の表は、Microsoft® Windows® XP Professional へのアップグレードがあらゆる規模の企業において正しい選択であることを、その機能と利点に示しています。 Windows XP Professional では、ビジネスに最適のデスクトップ オペレーティング システムとな...

以下の表は、Microsoft® Windows® XP Professional へのアップグレードがあらゆる規模の企業において正しい選択であることを、その機能と利点に示しています。 Windows XP Professional では、ビジネスに最適のデスクトップ オペレーティング システムとなるべく標準規格に準拠したセキュリティ、管理性、信頼性等 Windows 2000 Professional が持つ力強さに加え、プラグ アンド プレイ、単純化されたユーザー インタフェース、革新的なサポート サービス等 Windows 98/Me に搭載されたビジネスに最適な機能性とが統合されています。 Windows XP Professional をたった1 台のコンピュータ、あるいはワールドワイドにおけるネットワーク全体に導入しても、この新しいオペレーティング システムは TCO 削減と同時に、コンピューティングのパワー増大をもたらします。

信頼性

機能詳細利点
安定性
新しい Windows エンジンの上に構築Windows XP Professional は、32 ビットのコンピューティング アーキテクチャと完全に保護されたメモリ モデルを特徴とする Windows NT® と Windows 2000 の実証済みのコードベースの上に構築されています。Windows XP Professional は、すべてのビジネス ユーザーに最も信頼できるコンピューティング エクスペリエンスを提供します。
システム復元システム復元機能を使用すれば、ユーザーや管理者はデータを失うことなく、以前の状態にコンピュータを復元することができます。システム復元は容易に識別できる復元ポイントを自動的に作成し、システムを固有の日付と時間の状態に復元することができます。ユーザーがシステム障害やその他の重大な問題を見つけた場合、以前のシステム状態に戻し、最適なシステム機能性を復元するために、セーフ モードあるいは通常モードからシステム復元を使用することができます。システム復元ではデータや文書ファイルは復元されないため、復元操作で作業中のファイル、電子メール、ブラウズの履歴、お気に入りなどが失われることはありません。
デバイス ドライバ ロールバック特定のクラスの新しいデバイス ドライバがインストールされたとき、Windows XP Professional は問題が発生した場合に再インストールできるように、すでにインストールされたドライバのコピーを自動的に保存します。新しいデバイス ドライバにより Windows XP Professional が正常に動作しない場合は、管理者は以前のドライバを容易に再インストールすることができます。
拡張されたデバイス ドライバの認識機能Windows 2000 の技術の上に構築された Windows XP Professional のデバイス ドライバの認識機能は、デバイス ドライバに対してより過酷なストレス テストを提供します。Windows XP Professional テストに合格したデバイス ドライバは利用可能な最も安定したドライバであり、最高のシステム安定度を保証します。
著しく減少した再起動の必要性Windows NT 4.0 と Windows 95/98/Me でユーザーに再起動を要求したほとんどのシナリオが排除されます。また、多くのソフトウェアのインストールでも再起動が不要になります。ユーザーは、より優れたシステム動作時間のエクスペリエンスが得られます。
コード保護の強化重要なカーネル データ 構造は読み取り専用になっており、ドライバやアプリケーションによって破壊されることはありません。すべてのデバイス ドライバ コードも読み取り専用で、ページ保護されます。ルールを守らないアプリケーションが中核的なオペレーティング システム領域に不都合な影響を与えることはありません。
スケーラブルなメモリとプロセッサのサポート最大 4 ギガバイト (GB) の RAM と最大 2 つの対称型マルチプロセッサをサポートします。最高レベルのパフォーマンスを必要とするユーザーは、最新のハードウェアを使用して作業することができます。
アプリケーションの障害への耐久性
サイド バイ サイドの DLL サポート独立した Windows コンポーネントの複数のバージョンがインストールされた場合、「並行して(サイド バイ サイドで)」実行できるようにするための機構を提供します。システム コンポーネントのあるバージョンを使用して作成され、そのバージョンでのみテストされたアプリケーションが、たとえ同じコンポーネントのより新しいバージョンを使用するアプリケーションがインストールされた場合でも、古いバージョンを使用し続けることができるようになります。これは「DLL 地獄」の問題への対処に役立ちます。
Windows ファイル保護重要なシステム ファイルが、アプリケーションのインストールによって上書きされることを防ぎます。ファイルが上書きされた場合、Windows ファイル保護は適切なバージョンを復元します。Windows XP Professional ではシステム ファイルを保護することにより、Windows の以前のバージョンで発生していた最も一般的なシステム障害の多くを妨ぐことができます。
Windows インストーラユーザーがソフトウェア プログラムを正確にインストール、設定、追跡、アップグレード、削除するのを手伝う統合サービスです。ユーザーの作業中断時間を最小限に留め、システムの安定性を高めます。
強化されたウイルス保護電子メールのウイルス攻撃からより強力に保護するために、Windows XP Professional はデフォルトで電子メールの添付ファイルの実行を許可しません。また、特定のファイル種類であるか、アプリケーションが企業の PC で実行できるか否かにかかわらず、システム管理者はグループ ポリシーによってリモートで管理することができます。管理者は、電子メールのウイルス攻撃から環境を保護するためのより高度なレベルのコントロールができます。
Windows セキュリティの強化
インターネット接続ファイアウォール一般的なインターネットからの攻撃から中小企業を保護するファイアウォール クライアントです。中小企業経営者の方は、Windows XP Professional コンピュータをセキュリティで保護された状態でインターネットに接続できます。
マルチユーザーのサポートを含む暗号化ファイル システム (EFS)任意に作成されたキーでファイルを暗号化します。暗号化と復号化の過程は、ユーザーに対して透過的です。Windows XP Professional では、EFS は暗号化された文書への複数のユーザー アクセスを許可することができます。ハッカーとデータ盗難からの最高レベルの保護を提供します。
IP セキュリティ (IPSec)ネットワーク経由で送信されるデータを保護するのに役立ちます。IPSec は仮想プライベート ネットワーク (VPN) にセキュリティを提供する重要な部分で、企業がインターネット上でセキュリティ保護された状態でデータを送信することを可能にします。システム管理者は、迅速で容易にセキュリティ保護された仮想プライベート ネットワークを構築することができます。
Kerberos サポートWindows 2000 ベースの企業リソースに対して、業界標準の強力な認証によるすばやい単一のサインオンを提供します。Kerberos はインターネットの標準規格であるため、UNIX などの別のオペレーティング システムを含むネットワークで特に効果的です。Windows XP Professional は、Windows 2000 Server と「Whistler」 Serverの両方に加え、サポートされる UNIX プラットフォームのエンド ユーザーに単一のサインオンを提供します。
スマート カードのサポートスマート カード機能はオペレーティング システムに統合されており、ターミナル サーバー セッションへのスマート カードによるログインに対するサポートが含まれます。スマート カードは、クライアント認証、対話型ログオン、コード署名、セキュリティで保護された電子メールなどの、ソフトウェアのみのソリューションを補強します。

単純化された管理と展開

機能詳細利点
デスクトップ展開の合理化
強化されたアプリケーション互換性Windows XP Professional はこれまでで最高のアプリケーション互換性をもちます。

あるアプリケーションが Windows XP Professional でサポートされていない場合、ユーザーやシステム管理者はパフォーマンスをほとんど低下させることなくプログラムを適切に実行できる Windows NT 4.0 あるいは Windows 95/98/Me 互換モードにすべきかどうか選択することができます。

プログラムが新しいオペレーティング システム用に更新されたときは、アップデートが Windows Update Web サイトから入手できます。

ユーザーは Windows XP Professional 上で以前のアプリケーションを実行しても素晴らしいエクスペリエンスが得られ、アプリケーションのアップデートが完成して入手可能になれば容易にアクセスできます。

アプリケーション互換モードでは、Windows XP Professional 用のアプリケーション修正が利用できなくても、何千ものプログラムが実行できるようになります。

ユーザー状態移行ツール管理者が、古いコンピュータから新しい Windows XP Professional デスクトップ コンピュータに、ユーザーのデータとアプリケーション / オペレーティング システム設定を移行するのを支援します。IT 管理者は移行の後にヘルプ デスクの呼び出しを減らすことができ、エンド ユーザーは慣れた操作環境を維持できるため、作業中断時間を減らすことができます。
自動的な更新設定により、Windows XP Professional はインターネットに接続しているときにバックグラウンドで自動的にセキュリティ関連や重要なアップデートをダウンロードします。これらのダウンロードはインターネット ブラウズに対する影響を最小にするよう設計されており、またダウンロードが完了する前にコンピュータの接続を断たれた場合、更新は自動的に再開されます。アップデートがダウンロードされた後で、インストールするかどうかユーザーが選ぶことができます。ユーザーは、ネットワーク接続を使用する能力に影響を受けずに、自動的に重要な更新を受け取ることができます。
Windows Update の強化アプリケーション互換性のアップデート、新しいデバイス ドライバ、その他のアップデートが Windows XP Professional 用にリリースされたときは、Windows Update Web サイトから入手できます。 (自動的な更新をしないように選択した場合、ここでセキュリティ関連や重要なアップデートを入手することができます。) 管理者は、Windows Update へのユーザー アクセスを無効にすることができます。アップデートをダウンロードして企業で必要に応じて展開するために、Windows Update カタログが管理者に提供されます。オペレーティング システムのアップデートは、最も信頼できるフル機能のコンピューティング エクスペリエンスを保証するために常に利用可能です。
最新のハードウェア規格のサポートWindows XP Professional は最新のハードウェア規格をサポートします。DVD ディスク読み取りの最新規格の UDF 2.01 をサポートします。また FAT32 ファイル システムによる DVD-RAM ドライブのフォーマットもサポートします。Windows XP Professional には DirectX® 8 API サポートも含まれ、IrDA (Infrared Data Association) 、USB (Universal Serial Bus) 、IEEE 1394 として知られている高速バスなどの規格も完全にサポートされます。最新のハードウェア規格をサポートし、最新のアプリケーションのために最適化されます。
ダイナミック更新によるセットアップセットアップ ルーチンが、オペレーティング システムのファイルが最新であることを保証します。ファイルがインストールされる前に、Windows XP Professional は重要なシステム アップデートがないか Web をチェックし、インストールするためにダウンロードします。オペレーティング システムの最新のアップデートがインストールされるようにして、最高のインストール エクスペリエンスを保証します。
無人インストールWindows の以前のバージョンより多くのオプションを指定できるようになり、また応答ファイルのパスワードを暗号化してより高度なセキュリティを可能にします。無人セットアップルーチンのスクリプティングについて、現在利用可能な中でも最も柔軟なインストール オプションを保証し、管理者に対してより優れた柔軟性を提供します。
Internet Explorer 6 Administration KitInternet Explorer 6 は、Internet Explorer Administration Kit (IEAK 6) によってさらにカスタマイズすることが可能になり、ブラウザの展開と保守がより容易になりました。IEAK のバージョン 6 では、メディア バー、イメージの自動サイズ変更、パーソナル バーなどの新しい機能を制御できます。Internet Explorer 6 の展開にあたって、管理者はより優れた柔軟性を手に入れることができます。
System Preparation Tool (SysPrep)SysPrep は、管理者がコンピュータ構成、システム、アプリケーションのクローンを作成するのを支援します。オペレーティング システムとビジネス アプリケーションを含む単一のイメージを、複数の別のマシン構成に復元することができます。SysPrep は、管理者が典型的なデスクトップ システムを展開するための時間を減らし、保守するオペレーティング システム イメージの数を減らします。
セットアップ マネージャ管理者がインストール スクリプトを設計するのを支援する、グラフィカルなウィザードです。無人インストールのための応答ファイルを作成することが、より容易になりました。
リモート OS インストールWindows XP Professional は、(SysPrep イメージを含めて) ネットワーク経由でインストールすることができます。

注 : この機能は Active Directory® サービスを必要とします。

管理者が組織の要件と一致するデスクトップ環境を標準化することを可能にし、時間を節約して展開コストを減らすことができます。
多言語のサポート
(Multilingual User Interface Pack)
ボリュームライセンス プログラムにて提供されている 「多言語版(MUI)」 を Windows XP Professional 英語版と組み合わせてご利用いただくことで、ユーザー インターフェイス言語を多言語へ変更できます。これにより、ユーザー インターフェイスを他の言語へ変更し、文書の作成や読み、編集を容易にこなすことができます。IT 管理者は、複数のローカライズされたオペレーティング システムのバージョンを導入する必要がなくなります。これにより、展開を速め、オペレーティング システムのイメージの数を減らして、全体的な所有コストを下げることができます。
デスクトップ管理の単純化
リモート アシスタンスリモート アシスタンスは、ネットワークあるいはインターネット上の人がユーザーのコンピュータの制御を共有できるようにします。管理者あるいは友人がユーザーの画面を表示し、技術的な問題を解決するのを手伝うためにポインタとキーボードをコントロールすることができます。IT 部門は、リモート アシスタンスを必要に合わせて調整するために、公開された API の上に HTML を使用してカスタムのソリューションを構築することができ、集約的にこの機能の有効 / 無効を切り替えることができます。システム管理者は、ユーザーのデスクで費やす時間を減らすことができます。トラブルシューティングや管理上のタスクの多くを、管理者が自分のデスクから行うことができるようになりました。
グループ ポリシーグループ ポリシー設定では、部門や場所などの論理的な単位にユーザーとオブジェクトを整理することにより管理者による管理を単純化し、セキュリティ、外観、管理オプションを含む同じ設定をグループのすべての従業員に割り当てることができます。Windows 2000 Professional で提供されたポリシーに加え、何百もの新しいポリシーが Windows XP Professional で利用可能です。ユーザーは別の場所に移動しても重要なデータにアクセスでき、自分のカスタマイズ可能な職場環境を維持できます。
ポリシーの結果セット (RSoP)管理者が、対象のユーザーあるいはコンピュータに対するグループ ポリシーの効果を参照できるようにします。RSoP は、管理者がグループ ポリシーを計画、監視、トラブルシューティングするための強力で柔軟な基本ツールです。管理者は、新しい RSoP ツールを使用して、より容易にグループ ポリシーを実行、管理することができます。
ヘルプとサポート サービスの強化ヘルプとサポートセンターは、検索、キーワード、お気に入りなどの Windows の以前のバージョンからある機能と、World Wide Web からのコンテンツを結びつけ、必要なときに必要なヘルプが得られるようにします。ヘルプとサポートセンターの内容を見ても答えが分からなければ、支援を得るためにヘルプとサポートセンターを通じて友人、サポート コミュニティー、専門家に連絡を取ることができます。よくある問題を診断して修復する、マイ コンピュータ情報やシステム復元などのツールを使用することもできます。ユーザーはすばやく容易に必要とする答えを入手でき、ヘルプ デスクの呼び出しを減らしてユーザー満足度を高めることができます。
Microsoft 管理コンソール (MMC)管理ツールのための、集約的で一貫した環境を提供します。IT 管理者は、カスタマイズ可能なアプリケーション コンソールを作成することができます。
回復コンソールWindows XP は、管理者がサービスを開始 / 停止し、ドライブをフォーマットし、ローカル ドライブでデータを読み取り / 書き込み、またその他の多くの管理上のタスクを行うための、コマンドライン コンソールを提供します。Windows XP Professional が起動できないエラーの場合、管理者はコマンド コンソールでシステムを起動してオペレーティング システムを修復することができます。
Windows Management Instrumentation (WMI)システム リソースを監視して管理するための、一般的なインフラストラクチャを提供します。システム管理者が、スクリプティングとサードパーティー アプリケーションによってシステムを監視、管理できるようにします。
セーフ モード起動オプションデフォルト設定と最小限のデバイス ドライバを使用して、Windows XP Professional を最も基本的なレベルのシステムで起動することを可能にします。IT 技術者がオペレーティング システムを修復できるように、GUI でシステムを起動する手段が提供されます。
ユーザーの能率を向上
新鮮な視覚デザインWindows XP Professional は Windows 2000 の中核を維持しつつ、新鮮な視覚デザインを持っています。一般的なタスクは統合、単純化され、コンピュータの操作を手伝う新しい視覚的な合図が導入されました。管理者やエンド ユーザーはボタンのクリック 1 つで、最新のユーザー インタフェースとクラシックな Windows 2000 インタフェースを選択することができます。一般的なタスクをすぐに見つけられるようにして、ユーザーが Windows XP Professional を最大限に活用できるようにします。
適応するユーザー環境Windows XP Professional は仕事をするやり方に適応します。再設計された [スタート] メニューでは、最も頻繁に使われるアプリケーションが最初に表示されます。Outlook® メッセージング / コラボレーション クライアントでの複数の電子メール メッセージなど、同じアプリケーションで複数ファイルを開く場合、開いているウィンドウは 1 つのタスクバーボタンに統合されます。通知領域をすっきりさせるために、使用されていない項目は隠されます。これらすべての機能は、グループ ポリシーで設定できます。すっきりした作業環境で、ユーザーはより能率的に作業できます。ユーザーは、重要なデータと必要とするアプリケーションを入手することができます。これらすべての設定はポリシーによって管理でき、管理者はどの機能が環境に最適か決定できます。
ファイルの関連付けの扱いの向上プログラムと関連付けされていないファイルを開く場合、Windows XP Professional は適切なプログラムをダウンロードするか購入できる Web ページを表示することができます。また、いくつかのファイル種類、特にメディアとイメージ ファイルは多くのプログラムで使用され、関連付けが変更されるため、開くことが難しくなります。これらのファイルに関連付けられたプログラムがアンインストールされた場合、Windows XP Professional は Microsoft Image Viewerなどの、デフォルトのプログラムへの関連付けを復元します。デフォルトのプログラムはオペレーティング システムに統合されているため、ファイルを常に容易に開くことができます。ファイルの関連付けの強化により、ユーザーが未知の形式の文書を開く場合や、別のアプリケーションによりファイルの関連付けに影響を受けたファイルを開くときの混乱を減らします。
状況に応じたタスク メニューファイルが Windows エクスプローラで選択されたとき、ダイナミックなメニューが表示されます。このメニューは、選択されたファイルの種類に適切なタスクを表示します。Windows の以前のバージョンでは見つけにくかった一般的なタスクが、容易にアクセスできるようになります。
統合された CD 焼き込み機能Windows XP Professional には、CD-R と CD-RW ドライブ で CD を焼き込むための統合されたサポートが含まれます。データの CD への保存はフロッピーディスクへの保存と同じぐらい容易になり、高価なサードパーティー ソリューションは不要になります。
Web に容易に情報を発行ファイルとフォルダを、WebDAV プロトコルを使用する Web サービスに容易に発行することができます。ユーザーは、会社のイントラネットの Web サーバーに重要な情報を発行することができます。
DualView1 つのコンピュータデスクトップを、1 つのディスプレイ アダプタで制御される 2 つのモニタで表示することができます。ラップトップ コンピュータでは、ユーザーは内部 LCD ディスプレイと外部のモニタを同時に使用できます。デスクトップ コンピュータでは、多くのハイエンドのディスプレイ アダプタがこの機能をサポートします。ユーザーは複数の画面で作業することにより生産性を最大化でき、また複数の本体を持つ必要がなくなります。
トラブルシューティングユーザーと管理者が、数多くにわたる Windows XP Professional 機能を設定、最適化、トラブルシューティングするのを支援します。ユーザーをより自足的にすることで、生産性を上げ、ヘルプ デスクの呼び出しを減らし、よりよいカスタマ サービスを可能にします。

モバイルとリモート ユーザーに最適な OS

機能詳細利点
リモート ユーザーが仕事をする方法を大きく変えます
リモート デスクトップユーザーは、ネットワーク アクセスのできるコンピュータがあればどこからでも、自分のコンピュータのすべてのプログラムとデータにアクセスできます。Microsoft の リモートデスクトップProtocol (RDP) を使用すれば、ユーザーは、空港のキオスクの限られた能力のコンピュータからでも、インターネットに接続して自分のオフィスのパワフルなコンピュータをコントロールすることができます。ユーザーは、実質的にどのようなネットワーク接続からでも、自分のデスクトップ コンピュータのすべてのデータとアプリケーションにアクセスできます。
身分証明マネージャパスワード情報を安全に保存する格納場所です。ユーザーは 1 度ユーザー名とパスワードを入力するだけで、次回からはシステムが自動的に入力するようにできます。ドメインに接続していないユーザーや、信頼関係がない複数のドメインでリソースにアクセスする必要があるユーザーは、容易にネットワーク リソースにアクセスすることができます。
オフライン ファイルとフォルダユーザーは、ネットワーク上のファイルとネットワークから接続を断つ時に、必要なフォルダを指定できます。最高レベルのセキュリティを提供するために、オフライン フォルダは暗号化できるようになりました。ネットワークとの接続が切られているときでも、ユーザーは接続されている状態と同じように、文書に対して作業することができます。
ClearTypeソフトウェアを通してテキストをレンダリングするために利用可能な水平解像度を 3 倍にする、新しいテキスト表示技術です。ClearType® 表示技術は、液晶 (LCD) 画面でテキストをよりはっきりと表示します。
オフライン表示グラフィックスを含む Web ページ全体を、オフライン表示で利用可能にします。インターネットに接続していないときでも、重要な Web ページを表示することができます。
同期マネージャユーザーは、ネットワーク上のファイルとフォルダを、オフラインのものと比較して更新できます。オフラインでファイルとフォルダに対する作業を終えた後、変更が自動的にネットワーク側に反映され、最新のバージョンが常に利用できるようにします。
オンライン会議の強化NetMeeting® 3.1 会議ソフトウェアなどの TAPI ベースのアプリケーションは、オーディオとビデオ ストリーミングにおける進歩の恩恵を受けます。

オーディオ会議の強化には以下が含まれます。

  • 音質と互換性を向上する新しいコーデックのサポート。
  • 遅延を減らし、ミキシングを向上する DirectSound® API のサポート。
  • 音響エコー消去 (AEC) 、音響ゲイン コントロール (AGC) 、周囲騒音の低減。
  • 遅延を減らし音質を改善するよう強化されたジッター バッファ制御と無音抑制アルゴリズム。

ビデオ会議の強化には以下が含まれます。

  • 音質、画質、互換性を向上する新しいコーデックのサポート。
  • 新しいカメラのサポート。
  • ビデオのパフォーマンスを向上する DirectDraw® API のサポート。
  • ビデオと声の同期を向上する唇同期化のサポート。
  • より大きなビデオ サイズのサポート。

NetMeeting 3.1 は、Exchange 2000 Conferencing Server でホストされるマルチポイント会議に接続できるようになります。

IT 管理者は、オンライン会議やエンド ユーザー講習を提供するための安定したインフラストラクチャを作るために、これらの強化を利用できます。
ラップトップ機能の拡張
電源の管理の強化インテリジェントに CPU 状態を監視することにより、Windows XP Professional は使用している電力を減らすことができます。オペレーティング システムは残容量のより正確なデータを提供し、システムの早すぎる自動シャットダウンを防ぎます。また、バッテリが放電状態に近付くといったんシステムのスタンバイを解除した後、コンピュータを休止状態にすることにより、進行中の仕事を保存することができます。 電源の管理では、それぞれのコンピュータに対して、あるいはコンピュータのそれぞれのユーザーに対して設定できるようになりました。ユーザーは、バッテリ電源でより長時間作業し、バッテリがあとどれだけ持続するかをより正確に予測することができます。
休止状態設定した時刻に、あるいは必要に応じて、Windows XP Professional はハードディスクにメモリを保存して電源をシャットダウンします。電源を再び入れたときに、すべてのアプリケーションは中断したときの状態から正確に再開されます。ユーザーは、バッテリ寿命を最大限に伸ばし、またすばやく中止した仕事を再開して作業中断時間を減らすことができます。
ホット ドッキングハードウェア構成の変更や再起動をせずにノートブック コンピュータをドッキングしたり取り外すことができます。ラップトップ ユーザーは、システムを再起動することなく、容易にドッキングした構成と取り外したときの構成を切り替えることができます。
ACPI (Advanced Configuration and Power Interface)最新の電源の管理とプラグ アンド プレイのサポートを提供します。ホット ドッキング、プラグ アンド プレイ、完全な電源の管理サポートを含むモバイルの達人のための重要な機能を提供します。
単純化されたネットワーキング
ワイヤレス ネットワーキングワイヤレス ネットワークのために、パフォーマンスの向上とセキュリティで保護されたアクセスを提供します。ユーザーがワイヤレス ネットワーク間を容易に移動できるようにし、また高度なレベルの暗号化をサポートしてセキュリティを向上します。
Network Location Awarenessオペレーティング システムとアプリケーションが、マシンがネットワーク位置を変更したときに判定できるようにする基礎的なサービスを提供します。ネットワーク位置の変更が検出されたときにインテリジェントに対応できるように、アプリケーションとネットワーク サービスを作成することができます。たとえば、学生のユーザーがあるキャンパスから別のキャンパスに移動した場合、アプリケーションはそのユーザーをより近いサーバーに接続することができます。
ネットワーク セットアップ ウィザード中小企業経営者の方が、容易にネットワークをセットアップして管理できるようにします。このウィザードは、ファイルとプリンタの共有、インターネット接続の共有、インターネット接続ファイアウォールの設定などの主な手順を案内します。中小企業の方は、ネットワークの専門家に頼らずに、生産的でセキュリティで保護されたネットワークを運用することができます。
ネットワーク ブリッジCat-5 イーサネットとワイヤレスなど、別の種類のネットワークを接続した混成ネットワーク接続を使用する小規模ネットワークのセットアップと構成を単純化します。中小企業の方は、ネットワーク メディアを選択するときにより多くの柔軟性を持ち、ブリッジやルータなどの余分の機器を購入する必要はありません。
インターネット接続の共有 (ICS)ダイアルアップあるいは広域帯接続を使用して、小規模オフィスのネットワークをインターネットと接続します。Windows XP Professional では、中小企業ネットワーク上のすべてのコンピュータが単一の接続を共有できるように、ネットワーク アドレスの変換、アドレスの指定、名前解決のサービスを提供することができます。中小企業経営者の方は、単一のインターネット接続でコンピュータ システムをインターネットと接続することにより、ISP とハードウェアのコストの削減ができます。
より容易になったリモート アクセス設定ウィザードネットワークあるいは仮想プライベート ネットワーク (VPN) へのリモート アクセスを設定するための手順をユーザーにご案内します。会社のネットワークあるいはインターネットに、より容易に接続できます。
ピア トゥ ピア ネットワーキング サポートWindows XP Professional がピア トゥ ピア レベルで Windows の以前のバージョンと相互運用できるようにして、フォルダ、プリンタ、周辺機器などのすべてのリソースの共有を可能にします。中小企業経営者の方は、Windows XP Professional を容易に既存のピア トゥ ピア ネットワークに統合することができます。


関連

管理人のアンテナlive!

コメントを入力

CAPTCHA