信頼性とパフォーマンスに新しい標準をもたらす Windows® XP Professional は、コンピューティング エクスペリエンスから最大限のものを引き出すことを望んでいる、あらゆる規模の企業と個人のために設計されています。 信頼性 新しい Windows エンジン Windows® XP Professional は、Windows 2000 と Windows NT® Workstation で使用されているコアのソフトウェア コードを基に作成されています。このコードは、NT カーネル、または新しい Windows エンジンと呼ばれていますが、このおかげで、Windows XP は Windows Me や、Windows 98、Windows 95 より強力で安全、かつ安定したオペレーティング システムになっています。過去にこれらの古いバーション Windows を使用したことがある方には、Windows XP の利点がはっきりとわかるでしょう。たとえば、プログラムがク...

信頼性とパフォーマンスに新しい標準をもたらす Windows® XP Professional は、コンピューティング エクスペリエンスから最大限のものを引き出すことを望んでいる、あらゆる規模の企業と個人のために設計されています。

信頼性

新しい Windows エンジン

Windows® XP Professional は、Windows 2000 と Windows NT® Workstation で使用されているコアのソフトウェア コードを基に作成されています。このコードは、NT カーネル、または新しい Windows エンジンと呼ばれていますが、このおかげで、Windows XPWindows Me や、Windows 98、Windows 95 より強力で安全、かつ安定したオペレーティング システムになっています。過去にこれらの古いバーション Windows を使用したことがある方には、Windows XP の利点がはっきりとわかるでしょう。たとえば、プログラムがクラッシュしても、大抵の場合、コンピュータは動作し続けることができます。

新しい Windows エンジンの特長

  • 優れたオペレーティング システム技術 (プリエンプティブ マルチタスキング、フォールト トレランス、システム メモリ保護など) により、問題の未然予防と解決が行われ、システムの円滑な動作が維持されます。
  • 作業を保存する前にプログラムが暴走しても、ほとんどの場合に作業を復元できます。
  • システム メモリ保護機能により、ソフトウェアの問題のためにコンピュータの動作が不安定になることはありません。
  • 新しいソフトウェアをインストールする場合に、古いバージョンの Windows では再起動が必要でしたが、Windows XP では通常、システムを再起動する必要はありません。

問題が生じた場合にコンピュータを元の状態に復元

Windows® XP Professional では、重要なシステム ファイルが変更された場合や、互換性のないプログラムがインストールされた場合に生じるおそれのある問題が防止されます。さらに、Windows XP では、重大な問題が発生した場合、正常に動作していたときの状態にコンピュータを簡単に戻すことができます。

以前の状態に戻すためのオプション

  • デバイス ドライバのロールバック : ドライバとは、デジタル カメラ、キーボードなどのデバイスに付属している、システムと通信を行うソフトウェアのことです。Windows XP では、ドライバをアップグレードしたためにシステムに問題が生じても、ほとんどの場合、以前のバージョンのドライバを再インストールできます。
  • 前回正常起動時の構成 : ハードウェアやソフトウェアの変更後に、コンピュータが起動できなくなった場合、この機能が役に立ちます。Windows XP では、起動が正しく行われるたびに、システム構成が自動的に保存されます。システムが起動できなくなった場合は、前回正常起動時の設定を基に Windows XP が再起動されます。起動後、ユーザーは新たに追加したハードウェアやソフトウェアのトラブルシューティングを行うことができます。
  • システム復元 : この機能は、ワード プロセッサ ソフトウェアの [元に戻す] コマンドのような役割を果たします。システム復元機能により、重要なシステム変更が自動的に監視および記録されます。システム設定を変更したあとに問題が発生した場合、この情報を使うことで、変更内容を簡単に元に戻すことができます。

重要なシステムファイルの常時保護

問題のあるプログラムやデバイス ドライバが原因で、コンピュータで問題が発生することがよくあります。しかし、Windows(R) XP Professional では、重要なシステム ファイルを保護することで、これらの問題が回避されます。

システム ファイルの保護機能

  • Windows ファイル保護 :新しいプログラムのインストール時に、重要なシステム ファイルが上書きされないよう保護されます。ファイルが上書きされた場合は、Windows ファイル保護によって適切なバージョンのファイルが復元されます。
  • ▲問題のあるドライバからの保護▲ :Windows Update Web サイトには、問題のあるデバイス ドライバのデータベースがあり、これらは定期的に更新されています。新しいハードウェアをインストールする前に、Windows Update を参照してください。Windows XP の▲問題のあるデバイス ドライバからの保護▲機能により、問題を引き起こすことが確認されているドライバのインストールが防止されます。

最新のアップデート ファイルをデスクトップに配信

ソフトウェアほど速く変わるものはほとんどありません。大抵の場合、ユーザーのコンピュータには、さまざまなソースが配布しているソフトウェアがインストールされています。最新かつ最良のコードにソフトウェアを更新すると、システムのパフォーマンスや信頼性が向上しますが、ソフトウェアの更新は面倒な作業です。Windows® XP Professional では、更新作業を簡単に実行できます。

システムを最新の状態に保つための機能

  • Windows Update: Windows XP のオンライン拡張機能といえる Web サイトで、製品の機能を拡張するサービス パック、デバイス ドライバ アップデート、システム セキュリティ アップデートなどを提供しています。新しいデバイスをインストールすると、Windows XP によって、ドライバがコンピュータ上で検索され、次に Windows Update 上でオンライン検索されます。更新対象のドライバが Windows Update から入手可能で、かつ新しいバージョンが必要である場合は、そのドライバがダウンロードされた後、インストールされます。仕事中は、この機能を無効にするか停止させて、Windows Update の使用を制限できます。この方法については、システム管理者に問い合わせてください。Windows Update には、管理者用のセクションがあって、ここでは、企業内で配布される可能性のあるアップデート ファイルの検索、収集、およびダウンロードを行うことができます。
  • 動的更新 : Windows XP セットアップのオプションである動的更新では、Windows Update Web サイトから、更新情報をダウンロードしたり、Windows XP セットアップ CD からセットアップを行う代わりに、最新のソフトウェアをインストールできます。
  • 自動更新 : コンピュータを更新するオプションで、Web アクセスを中断することなく更新が行われます。特別な Web ページにアクセスする必要はなく、また最新のアップデートに関する情報を定期的に確認する必要もありません。更新情報は Web ブラウズ中にバックグラウンドでダウンロードされ、ネットワーク接続に影響をほとんど及ぼしません。更新情報がダウンロードされると、それをインストールするかどうか確認を求めるメッセージが表示されます。

最新のハードウェアとデバイスのサポート

Windows® XP Professional では、新しいデバイスを簡単にインストールして使用できます。また、最新のハードウェア規格がサポートされています。新しいハードウェアをインストールする際に、構成やトラブルシューティングにそれほど時間がかからないため、その分実務に時間を費やすことができます。

デバイスのインストールを簡単にする Windows XP の機能

  • Windows XP のプラグ アンド プレイ機能により、新しいデバイスが検出され、ドライバがインストールされます。Windows XP には、デバイスのドライバが Windows 2000 Professional よりも数百個多く含まれています。
  • Windows XP の自動再生機能により、新しいデバイスまたはメディア (Zip ディスクや CD など) に格納されている内容が自動的に判断されます。内容が画像、音楽、ビデオのいずれであっても、自動再生機能によって、その内容に対応したプログラムが起動されます。

Windows XP でサポートされているデバイスや技術

Windows XP では、DVD-RAM ドライブでの読み書き、および DVD-ROM ディスクおよび DVD ビデオの最新の標準規格 UDF (Universal Disk Format) 2.01 の読み取りがネイティブでサポートされているので、DVD および CD の持つ可能性を十分に引き出すことができます。

  • サードパーティ製のソフトウェアを使わなくても、簡単なドラッグ アンド ドロップ操作と各種ウィザードにより、CD-R、CD-RW ドライブで CD の書き込みができます。
  • マルチメディア機能、Web ブラウズ機能、電源管理等のための追加キーを持つ拡張キーボード (PS/2 および USB インターフェイス) を使用できます。
  • 会議アプリケーションやインターネット テレフォニーで、新しい USB アレー マイクロフォンの利点を享受できます。USB マイクロフォンには、話しているときにフィードバック、エコー、その他の周囲のノイズを低減する音響エコー消去 (AEC) 機能があります。
  • 複雑なネットワークを構成しなくてもワイヤレス ネットワーキング デバイスを使用できます。
  • 1 インチあたり最大 200 ドット (200 dpi) を表示できる高解像度のモニタを使用できます。

スキャナ、ファックス、プリンタを統合した複合機などの多機能デバイスを使用できます。
Windows XP は、IrDA (Infrared Data Association)、USB (Universal Serial Bus)、および IEEE 1394 高速バスなど、ユーザーになじみのある一般的なハードウェア標準もサポートしています。