2020年東京オリンピック・パラリンピックを文化や芸術で盛り上げる催し「東京キャラバン」のプレイベントが、10日夜に東京都内で開かれ、東京オリンピックにちなんだ詩の朗読などが披露されました。 「オリンピック憲章」では開催にあたって文化イベントも同時に開くことが決められていて、5年後の東京大会に向けては、来年のリオデジャネイロ大会以降、「東京キャラバン」と題して4年間かけて全国や世界各地を巡回しながら催しを開くことが計画されています。 この「東京キャラバン」のプレイベントが10日夜に東京・世田谷区の駒沢オリンピック公園で開かれました。会場ではまず、前回の東京オリンピックが開催された1964年頃をイメージした朗読劇が上演され、松たか子さんの詩の朗読に合わせて、宮沢りえさんらが当時の子どもたちの様子を演じました。また、バイオリンに津軽三味線や和太鼓も加わったハンガリー舞曲が演奏され、およそ500人の観客から拍手が送られました。 イベントを視察した東京都の舛添知事は「決まり切ったステージで...
2020年東京オリンピック・パラリンピックを文化や芸術で盛り上げる催し「東京キャラバン」のプレイベントが、10日夜に東京都内で開かれ、東京オリンピックにちなんだ詩の朗読などが披露されました。
「オリンピック憲章」では開催にあたって文化イベントも同時に開くことが決められていて、5年後の東京大会に向けては、来年のリオデジャネイロ大会以降、「東京キャラバン」と題して4年間かけて全国や世界各地を巡回しながら催しを開くことが計画されています。
この「東京キャラバン」のプレイベントが10日夜に東京・世田谷区の駒沢オリンピック公園で開かれました。会場ではまず、前回の東京オリンピックが開催された1964年頃をイメージした朗読劇が上演され、松たか子さんの詩の朗読に合わせて、宮沢りえさんらが当時の子どもたちの様子を演じました。また、バイオリンに津軽三味線や和太鼓も加わったハンガリー舞曲が演奏され、およそ500人の観客から拍手が送られました。
イベントを視察した東京都の舛添知事は「決まり切ったステージではなく、世界中を走り回るというコンセプトの新しい形の情報発信を、来年のリオデジャネイロ大会から始めたい」と述べました。

こちらもチェック!



出典:総合データベースサイト「coron」 執筆者 : .

管理人のアンテナlive!