中国「独身の日」 今年は2兆円超の取引か

ニュース コメントはまだありません

11月11日は中国で「独身の日」と呼ばれていて、今年もネット通販各社による大規模な割引きセールが行われています。

午前0時、一斉に始まったネット通販各社の割引きセール。中国のネット通販最大手「アリババ」が8年前、独身者に向けて始めたのがきっかけです。

アリババの取引総額は、開始からわずか3分1秒で100億元(約1700億円)を突破しました。開始から9時間でおよそ1兆7000億円を超え、今年の取引総額は去年の2兆円を上回るのは確実です。

アリババは「通販」と「店舗での販売」の融合を目指していて、会場では「モバイル決済」や「顔認証」を取り入れた「スーパーマーケット」や、店舗にいる感覚でネット通販できる技術を紹介するブースが設けられました。

関連

コメントを残す