wiki, データベース

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
別名:グレートブリテン・北アイルランド連合王国,英国 その昔は辺境としてローマ帝国の支配を受け、中世以前は各地方や欧州大陸の各勢力が覇権を争ったが、イングランドがウェールズ、スコットランドを圧倒する形で統一。また、清教徒革命、名誉革命などを経て、立憲君主制による議会制民主主義を確立した。 近世になると、力が衰えたスペイン、ポルトガルなどに代わって海外へ進出。19世紀-20世紀初頭にかけては、その勢力は世界各地に及んだ。第一次、第二次世界大戦とも勝利を収めたものの、国力は疲弊し、影響力は低下。米国に”世界の盟主”の座をとって代わられた形になった。 ただ、その後も国際政治の場では一定の影響力を保持。欧州連合(EU)に加盟する一方で、現ブレア政権は米国の「盟友」の立場を強調している。 首都はロンドン、元首は女王エリザベス2世。 かつて植民地だったアイルランドは1920年代に事実上の独立を果たしたが、本土からの移住者を先祖に持つプロテスタントが多数を占める北アイルランドのみは英国の統治が...

別名:グレートブリテン・北アイルランド連合王国,英国 その昔は辺境としてローマ帝国の支配を受け、中世以前は各地方や欧州大陸の各勢力が覇権を争ったが、イングランドがウェールズ、スコットランドを圧倒する形で統一。また、清教徒革命、名誉革命などを経て、立憲君主制による議会制民主主義を確立した。
近世になると、力が衰えたスペイン、ポルトガルなどに代わって海外へ進出。19世紀-20世紀初頭にかけては、その勢力は世界各地に及んだ。第一次、第二次世界大戦とも勝利を収めたものの、国力は疲弊し、影響力は低下。米国に”世界の盟主”の座をとって代わられた形になった。
ただ、その後も国際政治の場では一定の影響力を保持。欧州連合(EU)に加盟する一方で、現ブレア政権は米国の「盟友」の立場を強調している。
首都はロンドン、元首は女王エリザベス2世。
かつて植民地だったアイルランドは1920年代に事実上の独立を果たしたが、本土からの移住者を先祖に持つプロテスタントが多数を占める北アイルランドのみは英国の統治が継続。先進国としては異例の問題を抱え続けている。

最新ニュース



出典:総合データベースサイト「coron」 執筆者 : .

管理人のアンテナlive!

コメントを投稿(承認制)