wiki, データベース

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
消費、生産、雇用、金融など、自由経済の活動状況を大まかに示す概念のこと。「好況」「後退」「不況」「回復」という4つがある。景気循環とは、これらの局を周期的に繰り返すことを指す。 「好況」の際は、生産や設備投資などの企業活動が活発化する。その結果、雇用が増えて勤労者の賃金も上昇。生活に余裕ができて個人消費が増える。 ところが、景気が過熱しすぎるようになると、設備の過剰や製品の在庫増などが生じ、景気は減速から「後退」へと転じていく。「不況」になると、需要減のため新たな生産、設備投資、雇用が難しくなる。勤労者の収入が減ることで、個人消費も落ち込む。 こうした不況期が続くと、生産や設備、雇用の余剰がなくなっていく。新たな需要が生まれ、景気は徐々に「回復」していく。 好況期は需要が供給を上回るため、物価は上がる。不況期は逆に、物価は下がる。...

消費、生産、雇用、金融など、自由経済の活動状況を大まかに示す概念のこと。「好況」「後退」「不況」「回復」という4つがある。景気循環とは、これらの局を周期的に繰り返すことを指す。 「好況」の際は、生産や設備投資などの企業活動が活発化する。その結果、雇用が増えて勤労者の賃金も上昇。生活に余裕ができて個人消費が増える。 ところが、景気が過熱しすぎるようになると、設備の過剰や製品の在庫増などが生じ、景気は減速から「後退」へと転じていく。「不況」になると、需要減のため新たな生産、設備投資、雇用が難しくなる。勤労者の収入が減ることで、個人消費も落ち込む。 こうした不況期が続くと、生産や設備、雇用の余剰がなくなっていく。新たな需要が生まれ、景気は徐々に「回復」していく。 好況期は需要が供給を上回るため、物価は上がる。不況期は逆に、物価は下がる。

こちらもチェック!



出典:総合データベースサイト「coron」 執筆者 : .

管理人のアンテナlive!

コメントを投稿(承認制)