薬剤師転職/薬剤師求人サイトを利用する前に注意すること

知恵ノート コメントはまだありません

この部分が表示されていますか?

coronではリーダービュー、読み取りビューを使用して読むことに関しての保証はしておりません。お手数ですが、リーダービューを解除してご覧ください。

薬剤師退職の心構え 転職前に!

・家族への配慮:最低限の家族の同意

薬剤師を転職することは最低限伝えておきましょう。

・会社への配慮:できることなら円満退職!
時期:突然止める→来なくなるは非常識
引き継ぎ:しっかり後任者へ

・お金:無収入状況がある場合は、就職しても一か月?一ヶ月半は無収入になるので注意

・引っ越し:引っ越し費用や、新居の敷金礼金をお忘れなく。

就業規則をチェック

退職のマナーをチェック
『退職願いは最低1か月前には出すように』 というように書いてあることが多い
民法では二週間で退職することができるのですが、できるだけ円満退職を目指しましょう!

薬剤師の転職をする時には必ずチェックしたい項目です。

慰留・ひきとめ対策

■慰留しやすいパターン
┣なんとなく・・・
┣スキルアップがしたいとかいう具体性のない理由
┣人間関係がいやだ・・・と言いだせない
┗忙しすぎて疲れた・・・と言いだせない

■慰留しづらいパターン
┣すでにほかの会社が内定している
┣具体性のある理由がすっきりと言える
┗家族の転勤など物理的な理由

簡単なのは次の転職予定が具体的だと慰留がかなり難しいですね。

薬剤師の求人サイトに登録して具体的に探しておいて、話を詰めておくと、慰留の対策になりますね。

まとめ

できる限り円満退職を目指しましょう。
そのための準備も怠らないようにしましょう。

薬剤師の転職前にもすることがたくさんあります。

薬剤師求人サイトを探していたり、薬剤師を転職して違う調剤薬局、病院、ドラッグストアに行こうと思っている方にお役にたてれば幸いです。


管理人takimuraのTwitterでは幅広い情報を提供しています。お気軽にフォローをどうぞ

関連

管理人のアンテナlive!

コメントができます(コメントは承認制です)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください